フォト
無料ブログはココログ

« 大型教習 第1段階-見極め | トップページ | 大型教習 第2段階-1 »

2012年1月30日 (月)

伊豆半島1週ツーリング

Img_0004

年末年始休暇の初日の平成231230日。伊豆半島の海岸線をぐるりと1週するツーリングへ。

 寒いこの時期なので、日の出後の7時過ぎに自宅を出発、小田原厚木道路にて東伊豆方面を目指す。途中の小田原PAにて休憩(805)とするが、やはりこの時期なので駐車場は車でほぼ満車状態。

Img_0001

 その後R135、真鶴道路(新道)などを経て南下していく。

Img_0003

 途中の熱海周辺は多少渋滞していたが、バイクの機動力を生かしながら比較的順調に走行した。道の駅伊東マリンタウンで休憩(931)。相変わらず車の台数は多めで、ツーリンググループらしき集団も多数いる。

Img_0006

 再び南下しつつ写真を撮ったりするが、途中の海岸では砂浜で裸足で遊んでいるファミリーもいて、そこそこ気温は温暖なようだが、バイクに乗っているオイラには暖かさはほとんど感じられない。

Img_0008

Img_0009_2

白浜に到着(1112)したころには少し雲も多めで、期待していた青い空と白い砂に出会えずガッカリ…。それにしても、思えば白浜に来たのは20年ぶりくらいだなぁ。当時、夏になると、野望?を持った会社の同期連中とともにここまで来ては、昼も夜も海岸線をぶらついていたなぁ。夜は「ここは渋谷か?」と思うほどの人の出で、海岸線沿いの居酒屋・飲食店は結構賑わっていた印象だった。冬のこの時期は閑散としているが、夏になると今でも人出が多いのかな?

Img_0011

Img_0014

白浜からは、石廊崎経由で行きたいところだが、時間もそこそこ押してきたので、伊豆急下田からはR414を少し北上し、市道(県道?)15号線を横断するように松崎を目指した。途中の道の駅花の三聖苑伊豆松崎にて休憩(1202)。ここには、移築された旧大沢学舎があったりして松崎の歴史・文化を紹介する施設もある。興味をそそられたが、時間もあまりなので、今回はパス。お蕎麦屋さんもあり、ちょうどいい時間でお昼にしたいところだが、ファミリーが多く、一人では入りにくいのでそのまま進むことにした。

Img_0016

Img_0015

Img_0017

松崎を経て、堂ヶ島に到着(1225)したころには快晴に変わっていた。

Img_0018

堂ヶ島は、今から10年位前に義理の父母&妹を温泉旅館に招待し、洞窟(堂ヶ島マリン)やらんの里を楽しんだことがあったぁ…。そのときは堂ヶ島マリンで行った洞窟は意外に迫力があり、青の洞窟(褒めすぎ?)といった雰囲気で楽しめた。今度もう一度乗ってみたものだ。さて、堂ヶ島からは、R136にて土肥温泉を経て修善寺温泉へ。ここまで何も食べていないので、さすがに腹ペコだが、手ごろな飲食店も見つからないので、そのまま修善寺道路にて三島市街に入り、途中のすき家で遅い昼食となった。わざわざ伊豆を回りながら海の幸を口にしないのは残念であったが、帰りは東名高速ではなく、節約のために箱根新道経由で帰るつもりであったから、できるだけ日中に箱根越えをしたかったので、やむをえないでしょう…。その後、箱根新道、小田原厚木道路と順調に走行しながら、18時前には帰宅できた。2011年の走り納めも、ひたすら走りに徹したツーリングで終了した。フォルツァのおかげで、今年はいろんな所に行けた1年であった。

« 大型教習 第1段階-見極め | トップページ | 大型教習 第2段階-1 »

バイク・ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580027/53794702

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆半島1週ツーリング:

« 大型教習 第1段階-見極め | トップページ | 大型教習 第2段階-1 »