フォト
無料ブログはココログ

« 内房ツーリング(その3) | トップページ | 伊豆半島1週ツーリング(その2) »

2012年3月23日 (金)

伊豆半島1週ツーリング(その1)

平成24年3月20日、1日お暇をもらえたので、伊豆半島の海沿い国道をひたすらダラダラ走るツーリングに出かけた。

Blog_0019_2

この日の天気は晴れ。気温は、神奈川県央地区では最高10℃の予想。この時期にしては少し寒めかな。
ここ最近、終日フリーdayを3回ももらったが、いずれも週末にかぎって生憎の雨模様で断念という状況が続いたので、ツーリングに行きたい病が悪化するばかりであったが、この日はどこに行くにも問題ない天候であった。
日の出時刻も早まり、山沿いでなければ凍結の心配も無いので、出発は6:00過ぎ。日照時間も長くなり、ようやく遠出もできるようになったのはうれしい限りだ。写真はR246の厚木周辺の状況。

Blog_0001

我が家から東伊豆方面に行くときは、小田原厚木道路で行くのが定番だが、この日は少し大回りになるものの、西湘バイパスを使って海を眺めながら東伊豆を目指すことにした。
西湘バイパス西湘パーキングに到着(7:15ごろ)。穏やかな風で寒くも無く、海面に輝く朝日がとても爽やかだ。時間が早いせいか、交通量はかなり少なめ。

Blog_0010

Blog_0005

Blog_0007

西湘バイパス終点からR135に入っても、交通量は少なめで、相変わらず気持ちよく順調な走行が続く。
そして熱海を通過する際、親水公園にある満開の河津桜が目に飛び込んできたので、衝動的に寄り道する(8:00ごろ)。木の本数は大したことは無いが、海辺の風景と満開の桜はいい感じだ。

Blog_0017

Blog_0011

ここには、年配のライダーが一人いて、何やらマシーンをいじっているようであったが、「写真を撮ってあげましょう」と声を掛けていただいたので、お言葉に甘えて撮っていただいた。考えてみれば、ワタクシとフォルツァ君の写真はこれが初めてとなる。

Blog_0013

Blog_0018

親水公園は10分程度で切り上げ、再びR135を走行。相変わらず交通量は少なめ。伊豆は混んでるイメージが強いが、この時期はオフシーズンだからなのか?伊豆は観光地としての魅力が薄れているのか?もしくは単に時間が早いだけなのか?よく分からないが、非常に順調に南下できている。シーズンオフの伊豆旅行もなかなか楽しめそうだ。

Blog_0021

Blog_0023

Blog_0024

次の休憩スポット、伊藤マリンタウンに到着(8:40ごろ)。小腹も空いていないので、ここではトイレだけ済ませて出発する。

Blog_0027

Blog_0026

それにしても、伊豆半島の起伏に富んだ地形は、初春の太陽に照らされてキラキラ輝く海、そこに浮かぶ小島や船といった情景を、時に俯瞰して堪能したり、時に潮の香を感じながら水平に見たりと、車では感じ取れない良さがあるものだ。途中の撮影ポイントでパチリ。

Blog_0032

Blog_0029

Blog_0031

順調に河津駅まで到着(10:00ごろ)。さすがに、河津桜の盛りはかなり過ぎた時期なので、渋滞は全く無い。駅周辺からの川沿いは、葉桜状態だが、足元には菜の花が咲いている。川ではつりをしている人もちらほらしているが、何が釣れるんだろう…。

Blog_0038

Blog_0036

川沿いの桜は時期を逸していたが、R414を1km程度北上した辺りになると、まだきれいな河津桜が楽しめる。まとまって本数ではないので、迫力は欠けるが、間近で見る分には十分に堪能できる。

Blog_0058

Blog_0053

Blog_0052

Blog_0044

(その2に続く)

« 内房ツーリング(その3) | トップページ | 伊豆半島1週ツーリング(その2) »

バイク・ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580027/54277747

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆半島1週ツーリング(その1):

« 内房ツーリング(その3) | トップページ | 伊豆半島1週ツーリング(その2) »