フォト
無料ブログはココログ

« GWツーリングその1(伊香保温泉・草津温泉・志賀草津道路) | トップページ | GWツーリングその3(能登半島1週) »

2012年5月12日 (土)

GWツーリングその2(渋温泉・日本海沿い)

志賀草津道路を堪能した後は、渋温泉に寄ってみた。

Blog_0057

渋温泉は川沿いにある小さな温泉街。石畳と細い路地は趣がある。こじんまりとした温泉街なので、渋温泉だけでは退屈しそうかな…。志賀高原とセットでの旅行が丁度良さそうだ。午前中ということもあり、観光客はほとんど見当たらず、閑散として寂しいくらいだ。

Blog_0056

Blog_0058

Blog_0059

赤い橋の脇に停めてトイレ休憩から戻ってくると、ツーリングマップルを眺めていた中年男性が話しかけてきた。埼玉からこられたこの方も、志賀草津道路を堪能した後、どこへ行こうかと思案中であるとのこと。こちらも特に行き先は決めていないが、氷見で宿泊する予定などという話をしつつ、お互い「お気をつけて!」と挨拶を交わして出発した。
渋温泉を出発してからは、R292、R18を北上し上越経由で日本海を目指すことにしよう。
真っ青な空の下、遠くに見える残雪の山々を眺めながら快調にルートを進めた。

Blog_0060

Blog_0061

Blog_0062

「道の駅しなの」でトイレ休憩。この駐車場からは、飯綱山、黒姫山、妙高山の大パノラマが広がる。天気がよくて時間があれば、是非寄って欲しいポイントだ。

Blog_0064

Blog_0063

更にR18を北上していくと、黒姫山をど~んと近づいてくる。路肩に止めてパチリcamera

Blog_0065

新井市内のR18沿いの風景。のどかな風景の奥に残雪の山々。

Blog_0067

そして「道の駅あらい」に寄る。

15001479_2143_1

ここには、ファーストフード店やラーメン屋などの飲食店、特産品販売店、ホテルなどもあり、地域の人も日常使いできる施設が充実した道の駅だ。どこで昼食にするか迷ってしまうが、今日の夏日にはやはり「つけ麺」という文字に惹かれ、煮干しだしラーメン「麺屋吉祥」なる店に入ってみた。ラーメンはこんな感じ。煮干だしのつけ麺は初めてだが、つるりと喉越しもよくてなかなかの味であった。

Blog_0068

お腹も十分満たされたので、気分一新出発。本日のゴール地点である氷見まではまだ十分距離がある。できるだけ一般道で行きたいので先を急いだ。上越市でR8に入り、ほどなく気持ちのよい海岸線沿いのルートとなる。
しばらく海岸線を走行した後、「道の駅うみてらす名立」で休憩。ここには、漁港直売所や海を眺めることができる公園があるので、ファミリーの休憩スポットにはお勧めだ。まだ、日没までには時間があったので、夕日を望むことはできなかったが、夕暮れ時はさぞ美しい景色を堪能できることだろう。
漁港直売所は、時間も時間だったせいか、お客さんも少なめで陳列されている魚君たちも少々元気なさそう…。

Blog_0069

Blog_0071

Blog_0070

Blog_0072

Blog_0073

「道の駅うみてらす名立」を出発し、再びR8で西へ。それにしても、このR8は、親不知を超えて富山県に入るまで交通量も少なめで、非常に走行スピードが上がる区間だ。景色を見ながら法定速度並みののんびり走行をしたいところだが、大型トラックなども勢いよく迫ってくるので、否応無しにスピードアップを迫られる。このあたりは高速道路を使う必要は全くない。

Blog_0074

ようやく、道の駅「親不知ピアパーク」。ここでもトイレ休憩。

Blog_0077

このあたりも、波があれば日本海の荒々しい様子を見ることが出来るのだろうが、今日は穏やかな海なのでそんな様子は想像すらできない。

Blog_0076

Blog_0075

さぁ、まだ新潟県なので氷見まで急ごう(一般道で!)。
そして富山に入ると立山連峰が見えてくる。水の張った田んぼも目立ち始め、立山連峰が田んぼの水面に投影される風景が撮れそうだ。少し寄り道をして、そんなイメージの場所を当ても無く探すが、残念ながら短い時間ではイメージどおりの場所は見つけられなかった。

Blog_0078

諦めてR8へ戻りかけたとき、規模は小さいながらもチューリップ畑に遭遇した。夕日に照らされたチューリップと立山連峰はとても美しい。いやぁ~、寄り道してよかった。こんなイメージの写真も欲しかったんだなぁ。天気と偶然の出会いに感謝!

Blog113

Blog111

Blog112

Blog_0080

30分ほど写真を撮った後は、ひたすら氷見に向けて走行。結局、高速道路は使わずに氷見のルートインまで来てしまった。時間は19時30分頃であたりはすっかり暗くなってしまった。
本日の走行は506km。
そうそう、この日の夕食はホテル内で温かい食事をしようと思い、コンビニで弁当は買わなかったのだが、定食は思いのほか高めでショック(゚ー゚;。定食2,000円、ドリンク300円で、宿泊代の半額くらいの夕食だ。いやぁ~、予定外の出費になってしまった…。

« GWツーリングその1(伊香保温泉・草津温泉・志賀草津道路) | トップページ | GWツーリングその3(能登半島1週) »

バイク・ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580027/54629148

この記事へのトラックバック一覧です: GWツーリングその2(渋温泉・日本海沿い):

« GWツーリングその1(伊香保温泉・草津温泉・志賀草津道路) | トップページ | GWツーリングその3(能登半島1週) »