フォト
無料ブログはココログ

« 雨の山手散歩 | トップページ | 秩父方面散策ツーリング »

2012年6月16日 (土)

立石海岸で磯遊び

平成24年6月10日(日)。梅雨の晴れ間を狙って、立石海岸へ磯遊びに出かけた。

Blog_0017

立石は古くから絶景として有名で、江戸時代の絵師・安藤広重は「相州三浦秋屋の里」と題して富士山を遠くに見るこの辺りの風景を描いている。晴れていれば、富士山を眺めることが出来るのだが、この日は雲に隠されている。残念( ̄▽ ̄)
そして、ここには県営駐車場(無料)があり、立石海岸では磯遊び、秋谷海岸では砂遊びができるので、子連れにもぴったり。ちなみに、駐車台数がわずか60台なので、早朝出発を覚悟したほうがよい。
Img_0001


この日は、頑張って7時過ぎに自宅を出発し、8時15分くらいに到着した。駐車場は既に7割程度埋まっていた。
Blog_0001_copy

Blog_0004_2



まずは、立石海岸の磯遊びから始めましょう!
立石公園から更に進んで、狭い磯へのルートを歩く。
Blog_0005_2



大人はビーチサンダルしか持ってこなかったが、やはりしっかりしたサンダルでないと磯は危ないなぁ~。子供はしっかりしたサンダル&怪我予防のソックス履きなので問題なし。
Blog_0016



既に先客も数家族いたが、獲物は何かいるのかなぁ~。
Blog_0008



よく見ると、ヤドカリ、タニシ?、何だか分からない魚の稚魚がいる。何も道具は持ってこなかったが、周りを見渡すと、やはり網を抱えたファミリーが多い。網があれば、稚魚を捕まえられそうだなぁ~。
Blog_0007



おっと!早くもヤドカリをゲット。この後も、ヤドカリをたくさん捕まえることが出来た。子供は本物のヤドカリを見るのは初めてなので、かなりヤドカリ狩りに夢中になっていた。
Blog_0010_copy



夢中になりすぎて、ヤドカリ君とタニシ君で結構いっぱいになった。
Blog_0012


カニはなかなか見つからなかったが、体毛だらけのカニを1匹だけ捕まえられた。
稚魚は、網があればたやすいのだろうが、道具らしいものはビンのふたしか持っていなかったので、親子3人の連携プレーで稚魚たちを磯の隅に追い立てつつ、何とか2匹を捕まえることが出来た。いやぁ~、子供よりも親のほうが夢中になってしまい、30分くらい稚魚と格闘してしまった(^-^;


磯遊びを大分楽しみ、子供もすっかり満足したので、次は駐車場の反対側、秋谷海岸で遊びましょう!
それにしても、今日の天気予報は曇予報だったが、雲はほとんど無くなり、激暑になってきた(゚ー゚;

Blog_0022



レジャーシートしか持って来ていないので、ヨメはバスタオルを頭からかぶってマリア様状態。もう、恥も外聞もありません。
Blog_0024_copy

Blog_0021_copy

Blog_0026_copy

Blog_0030_copy


あまりに暑くて、昼ごはんを食べて退散した。
子供も大満足!これで少しは家族マイレージが貯まったかもしれない。

« 雨の山手散歩 | トップページ | 秩父方面散策ツーリング »

family」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580027/54977304

この記事へのトラックバック一覧です: 立石海岸で磯遊び:

« 雨の山手散歩 | トップページ | 秩父方面散策ツーリング »