フォト
無料ブログはココログ

« サウンドテック購入 | トップページ | 白川郷日帰りツー(平成24年9月15日走行)その1 »

2012年10月25日 (木)

富士山1週プチツー(平成24年9月8日〔土〕走行)

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

平成24年9月8日(土)、夕方から天気が崩れる予報だったので、富士山をぐるりと巡る半日コースのツーに出かけた。
Blog_0030

夕方前には帰宅するため、早めの5時出発する。天気は一応はれているが、湿気が多く、いつもははっきりと見える丹沢連峰はモヤがかかっている。山沿いは雨が降っているかもしれない…。
Blog_0001


R246で西へ進むが、山北辺りまでくるとメッシュジャケットでは肌寒さを感じる。気温表示は20℃であったが、陽が高くないので体感温度は気温よりも寒い。
Blog_0005


道の駅おやまでは、防風インナーを装着。これから富士山スカイラインなので、寒さに備える。
御殿場周辺は黄金色の稲穂が広がっている。こうした景色や朝晩の肌寒さは、秋の足音を感じさせてくれる。

Blog_0006

Blog_0009


富士演習場を通過。
Blog_0013

Blog_0014


富士山スカイラインは、路面がウエットになっている箇所が多かった。朝方に雨が降ったのかな?
Blog_0017


水が塚パーキングに7時10分ごろ到着。車は数台程度と閑散とした状況。バイクは1台停まっていたが、ライダーさんはお疲れのようで、ガソリンタンクに伏して居眠り(休憩?)していた。MT車だと、こうした休憩の仕方があるんだね。
Blog_0020


防風インナーを装着したが、水が塚はかなり冷えるので、ホッとコーヒーで体を温める。
ほんの10分程度の間に辺りはすっかり薄霧で覆われて、出発時には富士山が全く見えなくなっていた。


ここから、富士宮方面へ向かう。高度が徐々に下がるにつれて暖かみが増していく。朝方なので、気候変動がより感じやすい。
Blog_0022_2

富士宮に入り、K72・414号線で田貫湖へ向かう。
田貫湖には8時10分ごろ到着。釣り人以外、人はまばらだ。
Blog_0025

富士山はほとんど見えない。
Blog_0032

ベンチがあったので少々休憩。
静寂に包まれた湖を前、何だかここだけ時間が止まっているみたい。しっかし、高原の爽やかな空気が気持ちいいなぁ~。あまりにも気持ち良いので、ここで小1時間ほど、ベンチでぼんやり佇んでいた。
Blog_0035

Blog_0036

田貫湖を後に道の駅朝霧高原へ向かう途中、「陣場の滝」の看板が…。ちと、寄ってみよう。
のどかな水路沿いの道を進む。
Blog_0051

駐車場に停めて、遊歩道を歩く。
Blog_0044

1分くらいで滝に到着。
Blog_0040

Blog_0041

水不足のためか、水量は乏しく何だか寂しい滝だ。


滝の解説はこのとおり。
Blog_0039

陣場の滝周辺は、のどかな光景だ。
Blog_0046

Blog_0049

Blog_0050

陣場の滝の後は、道の駅朝霧高原へ。ここで、こけももソフト(350円だったかな?)を味わう。
Blog_0058

旨し。おじさんが一人でソフトクリームをペロペロしている姿はちと滑稽なのかな?まぁ、あまり気にしないけど…。


この後は、とりあえず本栖湖へ向かう。河口湖方面の空を見ると、何だかどんよりしている。早くも雨が降りそうだ。
Blog_0060

このまま帰るほうが良さそうだが、もう少しウネウネ道を堪能するため、R300で道の駅身延まで行って戻ってみよう。
途中の展望台からは、南アルプスがうっすら見えた。
Blog_0062

道の駅身延で折り返して、後は帰宅をするだけ。
富士五湖周辺は、時折ポツポツ降ってきたので、写真も撮らずに慌てて道志経由で帰宅した。
本日の走行距離は約280kmだった。

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

« サウンドテック購入 | トップページ | 白川郷日帰りツー(平成24年9月15日走行)その1 »

バイク・ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580027/55899356

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山1週プチツー(平成24年9月8日〔土〕走行):

« サウンドテック購入 | トップページ | 白川郷日帰りツー(平成24年9月15日走行)その1 »