フォト
無料ブログはココログ

« 白川郷日帰りツー(平成24年9月15日走行)その1 | トップページ | 1日遅れの誕生会 »

2012年10月27日 (土)

白川郷日帰りツー(平成24年9月15日走行)その2

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

(続き)
R158・R156は、車の往来がすっかり少なくなったが、山あいに東海北陸自動車道の橋脚が鎮座している光景に時折出くわすので、10年以上の歳月の流れを感じさせられる。
Blog_0106 

御母衣ダムは水位が下がって山肌が少し見えている。今年は台風が少なく水が不足気味なのだろう。
Blog_0112

Blog_0114


旧遠山家民俗館は素通り。
Blog_0116_2

途中の道の駅「飛騨白山」に立ち寄る。
St0012654f214be46e4c9

ここはいつできたのか分からないが、設備がきれいで(トイレはウォシュレット!)温泉も併設されている。
思えば、20代のころ、冬の白川郷へ写真を撮りにちょくちょく出かけだが、当時白川郷周辺に温浴施設がほとんどなく、東海北陸自動車道も開通していないので、車中泊派のワタクシは、毎夜高山まで一般道で往復したものだ。
白川郷~高山まで片道80km、さらに冬場は積雪のダム沿いルートを夜間走行するものだから、たかが入浴のために本当に神経を使ったものだ。
今は、ここをはじめ、きれいな温浴施設が白川郷近くに複数あるので、便利になったものだとつくづく思う。
でもその反面、不便きわまりなかった当時は冬の観光客が非常に少なく、生活感が色濃く漂う合掌の村は本当に郷愁があったなぁ…。


おっと、話がそれてしまった。
程なく白川郷に到着となった(13:30ごろ)。
Blog_0131

Blog_0138

Blog_0140

Blog_0139

Blog_0142

そして、今回はバイクなので展望台でも立ち寄ってみよう。
車で来たときは、混雑を懸念して展望台には寄らなかったが、やはりバイクは気軽に立ち寄れるのがうれしい。
10数年ぶりに展望台に来たが、こんなにも立派に整備されていたんだねぇ(もう、随分前からか?)。
Blog_0158

展望台からの眺め。やはり、ここからの景観は素晴らしい。合掌の家々がミニチュアのようだ。
Blog_0154

Blog_0147

さて、思っていたよりも白川郷まで時間がかかってしまったので、ここであまりゆっくりもしていられない。
展望台で30分程度休憩&撮影をした後、まさにとんぼ返りで帰路に向かう。

さすがに帰りは高山まで東海北陸自動車道を利用。30分程度であっという間に高山市街に着くのでやはり便利だねぇ。
Blog_0182

高山で、古い町並みをちょいと散策したいが、これから向かう平湯温泉方面は、真っ黒い雲が覆っていて明らかな雨筋が見えるので、今回はパスして先を急ぐことにする。下の写真はHDR撮影ではないのに、空が黒ずんでいる。
Blog_0186

案の定、平湯温泉に至る峠道で局地的な土砂降りの雨に遭遇するが、あらかじめ合羽を着ていたので問題なし。安房峠道路(有料)に着く頃には雨は止んでいた。

18:30ごろ、信州健康ランドへ到着。入浴&夕食&仮眠室で3時間ほど休憩した後、22:30ごろ出発。車がほとんど走っていない長野自動車道・中央道を経て1:30ごろに自宅へ到着した。
本日の走行距離は、日帰りツーとしては最高の約750kmであった。

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

« 白川郷日帰りツー(平成24年9月15日走行)その1 | トップページ | 1日遅れの誕生会 »

バイク・ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580027/55981701

この記事へのトラックバック一覧です: 白川郷日帰りツー(平成24年9月15日走行)その2:

« 白川郷日帰りツー(平成24年9月15日走行)その1 | トップページ | 1日遅れの誕生会 »