フォト
無料ブログはココログ

« 伊豆半島スカイラインツー(H24.12.1走行)1 | トップページ | ナビ購入(ユピテルMCN45si) »

2012年12月10日 (月)

伊豆半島スカイラインツー(H24.12.1走行)2

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

(その1の続き)
さて、仁科峠から、どうルート設定するか?K59号線で南下できるが、ツーマップルによると細くて見通しの悪いカーブが続くみたい…。初心者には手ごわいかもしれないが、まぁ、行ってみるか。

う~ん、ツーマップのコメントの通り、確かに道幅が狭く見通しの悪いカーブが続く。
Blog_0166

そして、落ち葉が結構積もっている。時間帯的に強烈な逆光と日陰が混ざり合い、目が眩惑されて路面状況が非常に見づらい(。>0<。)
おまけに、こんな狭い道なのに、車の往来がそこそこあるので、カーブでは注意が必要だ。
車同士ではスムーズにすれ違い出来ない狭さなので、車では通りたくないルートだ。
Blog_0168

Blog_0167

このルートを選択したことを少々後悔しながら、狭隘区間をおよそ7~8km(かな?)走行したところで、ようやく道幅が広くなってきた(ホッ)。
Blog_0171


途中から川沿いのルートとなり、沿岸部までは川沿いを走る。
Blog_0172

所々、河原に降りられそうなポイントもある。
暑い季節なら川に触れていくところだが、今日は寒いのでそんな気が全く起きずスルー。
Blog_0176

Blog_0178

途中で、小さなつり橋があった。
Blog_0186

2tまでは渡れるみたい。バイクなら全く問題なし。
Pc0176331

折角なので、渡ってみよう。
Blog_0183

ついでに写真も撮っておこう。
Blog_0185


暫く走ると川幅が広がってきた。ようやく海も近くなってきたな。
Blog_0187

K59号線が終わったところで松崎港に出た。R136を経由し、今度はK15号線に入る。
Blog_0191

道の駅花の三聖苑伊豆松崎に到着(12時ごろ)。
この道の駅には、松崎の歴史などを紹介する「三聖会堂」がある。
Blog_0192

明治6年開校の公立小学校「大沢学舎」もある。
Blog_0193

Blog_0194

そのほか、立ち寄り湯「かじかの湯」や食事処「天城山房」もある。
ちょうど昼時なので、食事処「天城山房」で昼食としましょう。
Blog_0197

メニューはこんな感じ。観光客相手の飲食店としては良心的な価格かな?
Blog_0196

山菜そばの大盛り830円(780円+大盛り100円)をチョイス。そばにうるさくないワタクシ的には味も素朴で体も温まりました。
Blog_0195

道の駅花の三聖苑伊豆松崎を後にして、K15号線を進む。
Blog_0198

そしてR414に入る。
Blog_0202


この区間のR414は初めて走るが、所々3桁酷道のような狭隘部分がある。
Blog_0206


でも国道だからか車の往来は多めなので、調子に乗ってスピードを上げると危険だ。
河津町辺りに至ると、R414もようやく幅広になって快適になる。

随分と立派で形のいいイチョウが見える。寄ってみたいが、行き方が分からないので写真だけ。
Blog_0210

まもなくループ橋。
Blog_0211


道の駅天城越えで休憩(13:20ごろ)。また、空が怪しくなってきた…。進行方向は鉛色の雲。今日の天気は本当に変わりやすい。
Blog_0216

道の駅天城越えを後に、湯ヶ島方面を目指す。
Blog_0219

湯ヶ島の辺りからK59号線に入り、伊豆スカイライン冷川ICを目指す。
Blog_0220

この辺りは棚田かな?実りの時期は黄金色に染まるかもしれない。
Blog_0221

K59号線は狭隘区間が多い。湯ヶ島で「冷川IC方面」の看板は出ていたが、車はお奨めルートではないような気がする…。
Blog_0224

Blog_0225

本当にこの道で伊豆スカイラインにたどり着くのかな~。とちょこちょこツーマップとスマホで確認しながら進む。


K12号線に近づくと道路も広くなる。迷ったわけではなかったんだね~。
Blog_0228

ようやく、伊豆スカイライン冷川ICにたどり着いたが…。

前を走っていたハーレー氏が料金所に入ると、係の人が「現在通行止めで箱根方面には行けないんですよ~」と言っていた。
どうやら、亀石峠~熱海峠はみぞれで通行止。「終点までいけないので、亀石峠で降りて宇佐美からR136で小田原に行ってください」と案内をしている。
あらら~、随分大回りになってしまうなぁ~、と思いながらワタクシの番になって同様の案内を受けている最中、「通行止め解除」の業務連絡が入り、ワタクシから後の人は終点の熱海峠まで行けることになった。

人のよさそうな料金所のおじさんの「気をつけて走ってよ~。みぞれが降ってたんだからね~」というエールに、「やはりR136経由のほうが安全かな~」と悩みながら、いつも以上に慎重に走行した。
Img_0001_1


亀石峠までは路面は濡れてはいるが、安全上は問題なし。


そして、通行止めになっていた亀石峠から熱海峠間は、陽も出てきて路面もかなりドライとなっていた。ホッ。
Blog_0235

Blog_0236

でも、路肩には所々、雪(ミゾレかな?)が積もっていた(恐~)。

熱海峠に近づくと、太陽も出てきて下界も多少望めるようになった。
Blog_0241

Blog_0242

Blog_0244

熱海峠からはK20号線で箱根峠に向かうが、路面は無問題。15時ごろだったが、気温表示板は5℃なので、それほど厳しい寒さではない。
Blog_0246

箱根新道も問題なし。
Blog_0253

新道終点から小田原厚木道路を走行する。
Blog_0258

途中休憩を挟みながら、16時30分ごろ帰宅となった。本日の走行距離は、約310km。

今年は冬の到来が早いので、今シーズンの箱根越えはこれでお終いかな~。
これからの季節、ツーに行くのは、伊豆か房総か三浦の海岸線メインになるので、やはり物足りない季節になりますなぁ。

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

« 伊豆半島スカイラインツー(H24.12.1走行)1 | トップページ | ナビ購入(ユピテルMCN45si) »

バイク・ツーリング」カテゴリの記事

コメント

この時期は、伊豆でも山頂付近は、情報収集が肝心ですよね。
伊豆スカイラインは12月までは大丈夫とは聞いているんですがね。
色々と情報があり、助かります。参考にさせて頂きます。(^ー^)ノ

バビさん、こんにちは。

今年はいびつな偏西風のせいでしょうか?急に気温が下がったり、寒さが緩ん
だりして、12月なのにルート設定にも気を使いますね。
そして、伊豆は地形のせいか、天候も変わりやすい気がします。
この日も、朝の天気予報では、伊豆地方の降水確率が確か20%だったのですが、
山ではみぞれ、平地でも激しい雨の跡が見られるエリアがありました。

15日に行かれるようでしたら、気をつけて行ってきてくださいね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580027/56246699

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆半島スカイラインツー(H24.12.1走行)2:

« 伊豆半島スカイラインツー(H24.12.1走行)1 | トップページ | ナビ購入(ユピテルMCN45si) »