フォト
無料ブログはココログ

« 桜エビランチツー2(H24.12.16走行) | トップページ | 伊豆半島をただ1周するだけツー(H24.12.23走行) »

2013年1月 3日 (木)

年末年始・清里旅行記

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

我が家では、年末年始は清里のリーズナブルなペンションに宿泊してスキーを楽しむのが、ここ数年の過ごし方になっている。
Blog_0020

お世話になっているのは、「清里 ファミリーペンション フォレストぴあ」。
住所 山梨県北杜市高根町清里3545-3215
電話 0551-48-4420
Blog_0010

小学生くらいまでの子連れがターゲットといったペンションである。
今回は12月31日から1月2日までの2泊3日お世話になったが、年末年始なので夜はイベントが盛りだくさんである。


とりあえず、まずはスキー。
我が家は、スキーの3点セット(板、ブーツ、ストック)を持ち合わせていないので、12月31日は朝8時前にペンションに立ち寄り、道具をレンタルする。
こちらのペンションでは3点セットを無料で貸してくれるのだ。これが道具無しファミリーにはとってもありがたい(o^-^o)
Blog_0007

Blog_0011


道具は、多少使用感はありますが、実用上は全くノープロブレム(特にワタクシのようなヘボスキーヤーには)。
Blog_0012

そして、目的のスキー場リフト券が大人は2,000~2,500円、子どもは1,000円~1,500円という優待価格で手に入るのも嬉しい。


31日のスキー場は、「小海リエックス スキーバレー」。
ちょうど、麦草峠へのツーで通る途中にあるスキー場で、ゲレンデが広く客は少なめだ。
Blog_0042


ゲレンデではしゃぐヨメと子ども(小3)。
Blog_0025_copy_2

Blog_0030_copy

Blog_0018


平成24年で最高の寝ぐせ頭だな。
Blog_0033_copy


お昼時間帯は結構込んでいたレストハウス。スキー人口が増えてきた証拠かな?
Blog_0040_copy


夕方まで滑ってペンションに戻る。
今日のお部屋はロフト付きだった。ラッキ~。
繁忙期に3人グループでロフト付きの部屋となることはほとんど無い。
Blog_0182

Blog_0188

31日の夕食のメインディッシュ。
魚料理はカジキマグロのソテー。
Blog_0061



肉料理はビーフシチューだったかな?
肉が箸で崩せるほどやわらかくて美味しい~。
Blog_0063


そして、夕食時に各テーブルにこんなのが配られる。
Blog_0064

このペットボトルの中には、ミルクと動物性脂肪、塩が入っている。
バターの原料なのだ。


このペットボトルを激しく振ること約5分。
これが運動不足のオトーサンには結構しんどい。
前回はお酒を飲んだ後にバター作りをやったら、かなり酔いが回ってしまったので、今回はシラフでチャレンジする。
疲れたので途中から息子にバトンタッチ。
Blog_0069

中に固形物が出来てくればバター完成。
これは明日の朝食のお供になる。
Blog_0070


こちらのペンションは、プレイルームが充実しているし、子供連れも多いので、チェックイン後や夕食の前後などは子ども同士で勝手に遊び始める。
その間、親はお部屋でまったりできる。子どもに「遊んでよ~」と言われることも少ないので、疲れたオトーサンには大変ありがたいのだ(ニヤリ)。
Blog_0072

Blog_0180_copy


そして、21時ごろから、大晦日恒例のそば作りが始まる。
粉から作り始める本格的なそばづくりだ。
今回は二八そばとのことで、いつもよりも作るのが難しいらしい。


まずは、そば粉と小麦粉、そしてお湯で混ぜ混ぜする。
Blog_0078_copy


そして、体重をかけてこねる。これが結構体力がいる。
今回は、息子が自主的に挑戦するというので、ワタクシはラクチンだ。Blog_0094_copy

15分くらいこねると団子状になる。
Blog_0107


まな板に移し、小麦粉を適度に降りかけながらめん棒で平らにしていく。
Blog_0112


たいぶ平らになってきた。ここまで穴を開けることもなく順調だ。
Blog_0128

更に薄くするために、めん棒に巻きつけては転がすことを何度も繰り返す。
息子は、オーナーママに褒められて、かなり調子に乗っている。
Blog_0139_copy

ここまで薄く延ばして、オーナーママの承認が得られた。
息子の額にはうっすら汗がにじんでいる。
Blog_0146

最後はそば切り包丁でカットする。いかに細く切れるかが腕の見せ所だ。
Blog_0156


さすがに息子も疲れてきて、カットがいい加減になってきたので、ワタクシとバトンタッチ。
Blog_0160

ようやく完成。ここまで約50分くらいかかった。
ヨメは男たちの頑張りを見届けることなく、途中から紅白鑑賞という身勝手な行動に出ていた。
Blog_0169_copy



そして、おいしそうに茹で上がった( ^ω^ )
Blog_0174


確か2時間前に夕食を食べたはずだが、そばもがっつり食べている。
Blog_0176_copy



完食!さすがにお腹いっぱい。
紅白を見ていたヨメには、最後の残りカスだけあげた(ウソ)。
Blog_0177



その後はお部屋に戻り就寝zzz。

しかし、23時にアラームをセットしていた大人たちは起き上がり、眠りこけている息子を置いて部屋を出る。


ダイニングでは、既にプチ飲み会の準備が進められていた。
Blog_0189

紅白で北島三郎の歌が流れ始める頃、毎年恒例の年越プチ飲み会が開始される。
お酒、ジュース、つまみはオーナーさんのおごり。ご馳走様でした!

午前0時30分くらいまで、子育て話やらペンション経営のディープな話までいろいろな話題を肴に飲み会が行われ、1日目が終了する。


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

2日目の朝食。
Blog_0001


パンは手作りの焼きたてで美味しい。
Blog_0002


そして、昨日作った手作りバターをつけて食べる。
アバウトに作ったが、まともなバターに仕上がっていた。
Blog_0003



パンは食べきれないほど提供されるので、皆さんお持ち帰りとなる。
Blog_0006


こんなに持ってきてしまった。
これで本日の昼食を済ませようという魂胆のヨメ。
Blog_0009_copy

そして、今日のスキー場は「シャトレーゼ スキーリゾート八ヶ岳」。
ツーで立ち寄る平沢峠の近くだ。
こちらは、ゲレンデも小ぶりでカッ飛びボーダーも少ないので、子どもも安心のスキー場だ。
Blog_0012


いってらっしゃ~い!
Blog_0016

ニセモノスキーヤーであるワタクシは、二人をゲレンデに送り届けた後、
こちらに向かうのだ( ̄ー ̄)ニヤリ
Blog_0020

Blog_0019

こちらは、750円で露天風呂あり、リラックスルームあり、飲食施設ありとリーズナブルで1日まったりできる。
ひとっ風呂浴びた後は、リラックスルームへ。
Blog_0038


日ごろの疲れを癒すため(日ごろから疲れるほどのことはしていないが)、ここで昼寝をしたり、皆さんのプログを巡回したりと静かな正月を過ごす。
Blog_0025


思い思いに正月を過ごした後は、ペンションに戻り夕食。
この日の魚料理。タラのきのこクリームだったかな?
Blog_0040


肉料理は○○豚の○○ソース添え(説明を受けたけど忘れてしまった)。
肉が柔らかくてジューシーな感じ。
Blog_0041


そして、20時30分からは、お雑煮と簡単なお節料理が提供される。
この雑煮が絶品!お汁が非常に美味しい。お汁だけお替りしている人もいた。
Blog_0042


その後は、そのままプチ飲み会に移行する。
この日も、オーナーのゴチで日本酒が振舞われ、1時間ほどの歓談会。
子どもたちも時折つまみを食べに来たり、遊んだりを繰り返す。
Blog_0045


21時40分ごろお開きとなり、この日は就寝zzz。

そして、翌2日は、遅くなると笹子トンネル渋滞がありそうなので、チェックアウト後はそのまま自宅直行。
3時間30分ほどで自宅到着となった。

今回の会計は、3人(大人2名+子ども1名)で年末年始を2泊3日滞在し、そしてリフト券付き(大人1日券×3枚、子ども1日券×2枚)で、総額は65,810円とかなりリーズナブル。
子どもも大満足で家計にもやさしいペンションなので、我が家はとても助かっている。

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

« 桜エビランチツー2(H24.12.16走行) | トップページ | 伊豆半島をただ1周するだけツー(H24.12.23走行) »

family」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。m(__)m
ココもイイペンションですね~
子供達とソバ作りって最高な年越しじゃないですか!!

一度行ってみようかな・・・(^_^;)

あけましておめでとうございます。
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

こちらのペンションは、自宅から3時間圏内なので我が家はスキーシーズンには良く行きます。
客観的に見ると、設備面では使用感も感じられ、部屋は狭め、ベッドも小さめといった点
もありますので、お年頃の女の子の場合は許容できないかもしれません。
我が家は、設備的な弱点よりもイベントの楽しさやオーナーの気さくな人柄に惹かれて
すっかりリピーターになっています。

今年はぜひ一緒に走りに行きたいですね~。
地元ネタをいっぱい伝授してくださ~い!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580027/56454647

この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始・清里旅行記:

« 桜エビランチツー2(H24.12.16走行) | トップページ | 伊豆半島をただ1周するだけツー(H24.12.23走行) »