フォト
無料ブログはココログ

« 伊豆のスカイライン巡りツー(H25.7.27走行) | トップページ | 1000km点検&オイル交換備忘録 »

2013年8月16日 (金)

天空の里リベンジツー(H25.8.2走行)

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

平成25年8月2日(金)、南信州のしらびそ峠・天空の里を巡ってきた。
Blog_0094

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

この日は、ヨメと子どもは帰省中だったので、この隙にワタクシは休暇を取ってお泊りツーを企んだ。
でも、天候がどうも不安定なので、気分と天候次第で日帰りツーに切り替えるテケトーパターンとし、とりあえずは南信州を目指した。

前日は飲み会につき、出発は遅めの6時30分ごろ。相模湖ICへ向けて走行中。
Blog_0003

相模湖ICから中央道IN。笹子トンネル付近までは曇りがちな空模様。
Blog_0006

でも、笹子トンネルを抜けると青空が広がるという、最近よくあるパターン。
Blog_0010

平日ツーの痛いところは、はやり高速料金が100kmまでしか割引にならないところ。高速は50%offで走るものと思っているケチなワタクシは、韮崎ICでOUTしてそこからR20をトコトコと北上する。平日だから大型トラックも多くてペースが遅れがちになる。
Blog_0017

Blog_0022

続いてR152(杖突街道)走行。
Blog_0027

Blog_0031

Blog_0032

ところで、何がリベンジツーなのかと言えば、ワタクシは、バイクに乗り始めて間もない頃、ツーリングガイドに載っていた天空の里を見て、これはぜひ行きたい!と決心して出かけたのはいいが、カーブもうまく曲がれない駆け出しライダーだったので、道幅が狭くてカーブの多いR152にすっかり辟易してしまったことがある。

当時は酷道なんて言葉も知らず、「国道=走りやすい道」としか連想できなかったワタクシは、来たことを何度も後悔しながら走ったものだ。
それ以来、何となく天空の里方面へは苦手意識が芽生えてしまい、いつしか足も遠のいてしまったのだ。

そんな苦い思い出があるR152だが、既にバイクで25,000km以上を走った今ならば、どのくらい余裕を持って走れるのか…。そんな感触を確かめてみたいというのも今回の目的である。

そんなわけで、高遠を過ぎて、今回で2度目の走行となるR152(秋葉街道)を走行。
暫くは快走路が続く。
Blog_0043

途中にある美和湖の前でパチリcamera
Blog_0046

その後も道幅の広い道を気持ち良く流す。
Blog_0058

分杭峠付近になると、いよいよR152も道幅の狭い酷道になってくる。
Blog_0063

しかしこの日は、この狭い道を50km/hくらいで飛ばす車が先導してくれたので、思いのほか早く走れた。いやぁ~、車なのによくこの速さで走れるな~。
Blog_0067

大鹿村辺りに来ると再び快適なルートとなる。
Blog_0077

Blog_0080

大鹿村から地蔵峠に近づくと再び道幅は狭くなる。
Blog_0083

Blog_0084

地蔵峠(標高1314m)。
Img_0001

R152はここで不通区間となり蛇洞林道へつながる。蛇洞林道はさほど狭くない。
Blog_0091

そして、12時頃しらびそ峠(標高1,833m)到着。
Blog_0095

連続する山並みの光景が素晴らしいんだけど、写真では伝わらんな~。
Blog_0096

次はハイランドしらびそへ。
山奥にミスマッチなほど立派な建物だ。
Blog_0115

その昔活躍した森林鉄道も置かれている。
Blog_0106

Blog_0105

ちょうど昼時なので、ここの食堂でランチとしよう。
Blog_0108

山菜そば&五平餅セット(1,000円)。
とりあえずお腹いっぱいにはなった。ここで味を求めていけない(笑)。

Blog_0110

Blog_0111

食後の散歩で展望台に登ってみた。ガスっていて山並みはあまり見えないけど、ピーカンなら多分景色は良さげ。
Blog_0114

Blog_0112

ハイランドしらびそを後にして、天空の里を目指す。
Blog_0119

途中の林道から望める御池山隕石クレーター。
HPによると、直径45mの小惑星がおよそ2~3万年前に衝突したと推測されるもので、クレーターの直径は約900m。日本で唯一、国際的に隕石クレーターとして認められているものとのこと。
でも、はっきり言って、クレーターなのか何なのか全く分からなかった。
Blog_0120

Blog_0121

Blog_0130

雲がなければ南アルプスをバックにきれいな写真が撮れるんだけどな~。
Blog_0125

そして、13時30分ごろ、天空の里がある飯田市上村下栗地区へ到着。

いやぁ~、2年前来たときは、慣れない道とカーブの連続にヘロヘロに疲れきって到着したが、あっけないほど疲れもなく着いてしまった。やはり、この2年間で曲がりなりにも、マシな運転が出来るようになったんだなぁ~と自己満足。

さて、ここの駐車場からの見える山々。駐車場からの景色も十分美しい。
Blog_0135

Blog_0133

天空の里の見晴台はこの駐車場から徒歩20分。2年前にも来ているので、スルーするかどうか迷ったが、意を決して歩くことにrun

ちなみに、2年前に来たときは、展望台入口の空地(下の写真)に駐車したのは内緒。
でも、今は監視員の方がいるので、バイクでも駐車はできないですよ~。
素直に駐車場に停めましょう。
Blog_0160

展望台アクセス路入り口には、村の皆様の手作りの杖も置いてある。
ありがたい気配りです。
Blog_0138

滝汗sweat01になりながら、すれ違うのがやっとという位の細い道をトコトコ歩く。
Blog_0142

横を見ると足がすくむ。転んだら大ケガ間違い無しだ。
Blog_0158

ようやく見晴台到着。ゼェゼェ…。疲れたぜ~。
それにしても2年前とは違って立派な見晴台が出来たんだな~。
Blog_0151

そして、ここから見える天空の里がこちら。
Blog_0156

Blog_0155

いやぁ~実に素晴らしい!この急峻な地形に寄り添うように民家が点在している。まさに“天空の里”だ。この美しさから、“日本のチロル”とも言われている。
この山深い傾斜地に生活の基盤を築いた、いにしえの人々のご苦労とはどのようなものだったのか…。想像に難くないなぁ。
Blog_0152

Blog_0149

徒歩20分はナカナカ大変だけど、やはり今回も展望台まで来て良かった。

駐車場に戻ってみると、ちょうど隣にLEADで来ている50歳台半ばくらいのご婦人がいた。ナンバーを見ると何と我が家の近隣市だ。その方は、身軽な格好と荷物だったので、明らかに日帰り風の感じだが、こんな遠くまで(片道約350km)一般道で来たのであろうか…?
Blog_0162

さて、天空の里を上から眺めた後は、天空の里の集落を走行しながらR152を目指すことに。
道幅は、軽自動車同士ならすれ違えるかな~というくらいの狭さ。
Blog_0171

Blog_0173

そして、この急斜面。写真では伝わりにくいけど、スキーの上級者ゲレンデ以上の角度だ。HPによると、最大傾斜角度は38°とのこと。
ワタクシの様な臆病者なら、畑に行くのにも命綱がほしいくらい。
Blog_0177

Blog_0176

集落を抜けてR152を南下する。
Blog_0184

暫く走ると、R152で2つ目の不通区間に着くので兵越林道を走行する。道幅もそれなりにあるし、路面コンディションは悪くは無いが、車の往来がそれなりにあるので、対向車には要注意だ。
Blog_0190

長野県と静岡県の県境にある兵越峠。
HPによると、毎年10月に信州軍(長野県)と遠州軍(静岡県)が「国境(県境)」をかけて綱引き(峠の国盗り綱引き合戦)」が行なわれ、勝った方が1メートル、相手側に国境を広げることができるとのこと。
Blog_0194

兵越林道はそのままR152につながり浜松市街へ向かう。
Blog_0199

Blog_0207

ルートが天竜川沿いになった辺りで空は雨模様に変わる。ということで、以下写真は封印。
Blog_0209

その後、浜松浜北ICから新東名IN。
遠州森町PAでようやく休憩。
Blog_0211

ここで、今夜はどこかに泊まるか帰るかしばし悩んだが、翌日もあまり天候が芳しくなかったので、今日は素直に帰ることに。
時折雨の降る新東名・東名→圏央道を経て海老名ICでOUTし、20時20分ごろ帰宅となった。
この日の走行距離は、およそ565kmであった。

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

« 伊豆のスカイライン巡りツー(H25.7.27走行) | トップページ | 1000km点検&オイル交換備忘録 »

バイク・ツーリング」カテゴリの記事

コメント

結構あちこち走られてますねー。
565kmという距離もちょうどよい塩梅でしょうか?
お疲れ様でした!

イイよねー天空の里は!
今年初めて行きましたが、また行きたくなるような場所です。
まっすぐお帰りなんてtorioさんらしくないな〜。翌日は合羽着てあちこち回るのかと(笑)
でも、雨のツーはツライばかりで楽しみが薄いてすよね(^^;;

ニャンコ先生さん

>結構あちこち走られてますねー。
>565kmという距離もちょうどよい塩梅でしょうか?
>お疲れ様でした!
 →ありがとうございます!
  乗り換えてからは、調子に乗ってロングツーが多くなってきました。
  今は500km前後くらいが程よく楽しめる距離という感じです。
  ニャンコ先生は、レンタルが多いですよね~。
  530だと刺激が足りなくなってきましたか~?

バビロニアさん

>イイよねー天空の里は!
>今年初めて行きましたが、また行きたくなるような場所です。
 →展望台からの景色はまさに絶景ですよね~。初めて行ったときは、日本にもあの
  ような集落があるんだな~って感動しましたよ。

>まっすぐお帰りなんてtorioさんらしくないな〜。翌日は合羽着てあちこち回るのかと(笑)
>でも、雨のツーはツライばかりで楽しみが薄いてすよね(^^;;
 →ちょうど駿河健康ランドが空いていたので、かなり迷ったんですけど、この日は珍
  しく素直に帰ってしまいました。でも、結局翌日も伊豆に出動したので、やはり泊ま
  れば良かったな~と翌日後悔です。

自分も昨年行きましたが、いいっすよねぇ~!

平日は高速料金が・・・確かにネックっすね!
でも、ただ走っている高速より、下道の方が見どころ満載、色々と目に入った興味をそそるところに寄り道できるので、時間に余裕あれば、下道は絶対有りっすよ(^-^)/

ラークさん

>自分も昨年行きましたが、いいっすよねぇ~!
 →ちょっと遠いんですけど、他では見られないような景色なので、初めて見ると感動
  しますよね~。村の人たちも気さくで楽しめました。

>平日は高速料金が・・・確かにネックっすね!
>でも、ただ走っている高速より、下道の方が見どころ満載、色々と目に入った興味
>をそそるところに寄り道できるので、時間に余裕あれば、下道は絶対有りっすよ(^-^)/
 →そうですね~。平日下道ツーは、気楽に寄り道できたり飲食店にもすんなり入れま
  すので、そういう面ではメリットが大きいですよね。
  次回平日休みが取れたら、ラークさんのようにおしゃれなランチ&スイーツツーも
  やってみたいんですよね~。

しらびそ峠、天空の里、良いですね~。まだ行ったことないんですよ。
結構なロングなんで気合入れないとなかなか行けません。
torioさんの行動力には脱帽です。

ザッキーさん

>しらびそ峠、天空の里、良いですね~。まだ行ったことないんですよ。
>結構なロングなんで気合入れないとなかなか行けません。
>torioさんの行動力には脱帽です。
 →行かれたことがないのであれば、一見の価値はあると思いますよ!
  ちょっと遠いですが(距離的にはご一緒したお釜ツーくらいです)、125ccで来ている
  お母さんもいたので、ザッキーさんなら気合入れなくても大丈夫ですよ。
  機会があればぜひ行ってみて下さいね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580027/57959162

この記事へのトラックバック一覧です: 天空の里リベンジツー(H25.8.2走行):

« 伊豆のスカイライン巡りツー(H25.7.27走行) | トップページ | 1000km点検&オイル交換備忘録 »