フォト
無料ブログはココログ

« ビーナスラインツー(H25.8.17走行) | トップページ | 2泊3日北東北ツー(H25.9.1走行)~奥入瀬渓流・八幡平編~ »

2013年9月 9日 (月)

2泊3日北東北ツー(H25.8.31走行)~青森到着も雨で挫折編~

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

平成25年8月31日(土)から9月2日(月)まで、遅い夏休みをとって北東北(青森県・岩手県など)へ行ってきた。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

北東北へ行くのは実質的には初めて(唯一通過したことがあるのみ)。
実は、GWに北東北ツーを計画していたのだが、天候不良で行き先変更となったため、今回再び計画をしたのだ。
しかし、今回も出発3日前くらいから、神奈川近郊以外は全国的に雨予報となり、どうせ濡れるなら初志貫徹ということで、当初の予定通り北東北へ出動することとした。

出発は8月31日(土)早朝を予定していたのだが、訪問地の天気予報では、夕方まで曇予報だったので、急遽出発を早め、30日(金)に会社から帰って準備が完了次第、出発に切り替えた。
ということで、30日(金)22時過ぎ自宅出発。
Blog_0003

Blog_0001

もちろん徹夜の走行となるので、体力が持つか不安はあったが、先日、バビさんも徹夜で大間まで行っていたので、何とかなるだろう~という希望を持ちつつR246を走行する。

横浜町田ICから東名IN。港北PAでナビの目的地をセット。目的地の青森港まで741km、到着予想時刻は8時4分なので、およそ9時間30分のナイトツーリングだ。
実際は休憩を挟むので、プラス1時間程度かな~。
Img_0001

さ~てと、道中睡魔に襲われないことを祈りつつ気合を入れて出発dash

首都高を抜け、23時20分ごろ東北道IN。あとはこの道で6県を渡って行くのみ。
目が冴えているうちは、ぬふわkm/h超のペースでとにかく距離を稼ぐことにした。
Blog_0009

街灯の無い漆黒の闇を走るのは疲れそうだな~と思っていたが、思っていたよりもトラックが多くてテールランプを頼りに走れるから、何となく安心。
Blog_0011

ちなみに、他の方のブログを参考にしたのだが、深夜の高速走行に備えた安全性向上策として、反射ベストを着用した。
これは、ワークマンで800円くらいだった。
Blog_0001_2

日付が変わった1時過ぎ、那須高原SA到着。
ここで最初の給油。まだ先が長いので、給油だけでさっさと出発。
Blog_0005_2

再び、景色の見えない単調な世界が続く…。
眠気覚ましに音楽を聴きたいところだが、さすがにぬふわkm/hくらいになるとヘルメットの風切り音が大きくて音楽も聴けない。
歌って意識が散漫になるのを防ぐしかないので、ヘルメットの中は、一晩中、ワタクシのコンサート会場♪♪

3時30分ごろ、どこのPAだったか忘れたけれど、こんな夜中に走っているライダーを発見して嬉しくなる。
お疲れ様です。お互い安全運転で行きましょう~happy01
Blog_0064

4時30分ごろ、長者原SA(宮城県大崎市)。ここで2度目の給油。
かなり疲れてきたので、ここのレストハウス内の椅子で30分~40分ほど、うたた寝をした。
目覚めたら、ようやく空が明るくなり始めていた。
これで、暗闇の運転から開放されるなぁ~とひと安心。
Blog_0066

しかし、この辺りから雨が降ってきた。
昨夜の天気予報では、青森は夕方まで曇り予報だったが、やはり終日雨模様は覚悟だな~。
Blog_0008

Blog_0020

岩手県に入ったあたりからかなり疲れが出始め、休憩の回数がやたらと増えてしまい、ペースが大幅にダウン。
首・肩・腰がとにかくだるいwobbly
本当はベンチで横になりたかったけど、雨でベンチは使えず…残念。

7時30分ごろ、岩手山SA(岩手県八幡平市)到着。
そろそろ朝飯タイムだが、眠気とひどい疲労感で食欲はゼロ(というか若干気分がさえない)。
Img_0001_2

そして、9時10分ごろようやく青森中央ICへ到着。
やっと着いたぜ~、遠かったぁ~!
Blog_0027

ナビの予定時刻よりも1時間ほど遅いが、休憩時間を考えれば、まずまずのペースかな~。

昨日までは、「青森に着いたら市場食堂で朝メシだ!」と意気込んでいたが、相変わらず食欲ゼロなので朝食はスルー。
でも、徹夜走行のバビさんは、八戸到着後にガッツリ朝食を食べていたっけ。やはり体力の差が出るな~。

さて、雨模様なので、素直に室内施設のねぶた会館にでも行こうかと思ったが、青森に来る機会はそんなに無いので、頑張って竜飛岬に行って津軽海峡を見るかな~と発作的に思いつく。
ということで、本格的に雨が降ってきた中、R280(バイパス)で竜飛岬へ向かう。
Blog_0038

周りはのどかな田園風景が広がる。晴れていれば快走路であるのは間違いない。
Blog_0034

気温は21℃。
結局、この日の最高気温は、22℃~23℃という涼しい(と言うか体感的には寒い)気候だった。
Img_0001_3

でも、竜飛岬に向かうにつれて、だんだん雨足が強まり、既に靴の中は水浸し状態。簡易防水なので、大雨ではダメですな。
Blog_0046

R280→K12号線を経て、K14号線に入った辺りから車の往来もほとんど無くなってきたので、こんな所で車両トラブルになったらシャレにならんな~などと、かなり気弱になり始める。
竜飛岬まであと10kmくらいまでの所(道の駅いまべつを超えた所)で、所々、道路脇の水たまりがかなりひどくなってきた。
折角ここまで来たのだが、この先進むのが怖くなってきたので、ここはシッポを巻いて青森市街に戻ることに…。
Blog_0053

翌日のニュースで知ったが、引き返した外ヶ浜町も1時間に30ミリというかなりの降雨量だった。他では、床下浸水家屋があったり、警戒水位を超える川もあったようだ。
Img_0001_4

来た道をそのまま戻ったが、大雨に加えて、対向車が雨水を跳ね上げるもんだから、カッパ下のジャケットやジーパンまで浸水してきて寒いのなんの…shock
もう、完全に戦意喪失状態で、頭を巡るのは“早く着替えたい…”、“早く横になりたい…”だけ。
ということで、この日の宿、ホテルルートイン青森中央インターに15時前にチェックイン。
Img_0001_1

とりあえず、18時ごろまで爆睡。
その後は軽く夕飯を食べ、“こんな雨なると分かっていたら、素直に早朝出発していたほうがよかったなぁ”と天気予報を恨みながら床に就いた。

本日の走行距離は、およそ889kmであった。

<自分用備忘録>シートバッグの雨対策
今回使用したシートバックは、MOTO FIZZのミニフィールドシートバッグ。
雨に備えて、付属のレインカバーを付けたうえで、別売りのキャリングコードでカバーを結わえ付けて走行した(レインカバーのコードストッパーだけで走っていて、一度どこかへ飛んでいってしまったことがある)。
Img_0001_2_2

しかし、今回は、本格的な雨が降り続いたので、バッグ内まで雨水が浸透して荷物が湿ってしまった。
ビニール袋に入れていた着替えは問題無かったが、ビニールに入れていなかった長袖は着れないほど湿ってしまった。
従って、今後は全ての荷物をビニール袋に入れたうえでバッグに収納すべし。

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

« ビーナスラインツー(H25.8.17走行) | トップページ | 2泊3日北東北ツー(H25.9.1走行)~奥入瀬渓流・八幡平編~ »

バイク・ツーリング」カテゴリの記事

コメント

お見事!北東北行かれましたか!!!
お疲れ様でした\(^o^)/
夜の東北道は長いですよねー。睡魔との戦い。気持ちめちゃくちゃわかります。
しかも、那須と長者原と給油ポイントも一緒だf^_^;)
私も高速で途中雨に降られたんですが、その時の寂しい思い出すなー(笑)
後半はどちら方面行かれたのかな???

う~~~ん!すばらしい・・・笑っちまいました(^-^)/
なかなか出来ない体験ですよ(笑)
あと10km・・・もったいないけど、勇気ある撤退ということで(^_^;)

東北に行くとは伺っていましたけど、本当に良く行ったな〜
もう尊敬ですよ!
現在の走行距離はいったい何キロになったのですか?
旅の完結編で教えてね

ブログ拝見して、しんどそうな感じがよく伝わります。
自分もお盆に自宅(兵庫県朝来市)まで、銀翼で行って、墓掃除して帰ってきたら、フラフラになりましたよ。
渋滞、睡魔、熱中症との戦い。

最後は、メッシュジャケットの上からペットボトルの水を浴びて走ってました。
水冷天然クーラー。
これは効きました(*^^*)

バビロニアさん

>お見事!北東北行かれましたか!!!
>お疲れ様でした\(^o^)/
>夜の東北道は長いですよねー。睡魔との戦い。気持ちめちゃくちゃわかります。
>しかも、那須と長者原と給油ポイントも一緒だf^_^;)
>私も高速で途中雨に降られたんですが、その時の寂しい思い出すなー(笑)
>後半はどちら方面行かれたのかな???
 →ありがとうございま~す。
  それにしても青森は遠かったです!!
  夜は景色が変わらないので、何と言っても退屈ですね~。
  それに、北へ行くとSA施設が質素なので、雨だと完全に寛ぐ場所がなくなりま
  すから、疲れが蓄積するばかり…。
  しかし、バビさんは徹夜明けなのに、あれだけ精力的に活動していたとは、改め
  て、お見それしました。

ラークさん

>う~~~ん!すばらしい・・・笑っちまいました(^-^)/
>なかなか出来ない体験ですよ(笑)
 →相変わらず思いつきで行動しているので、ロクなことになりませんでした(^-^;
  20歳代の頃は、徹夜でスキー場に行って翌日もしっかり滑ってくる体力があり
  ましたけど、老化気味の今はかなり無理がありました。

>あと10km・・・もったいないけど、勇気ある撤退ということで(^_^;)
 →今考えるとホントに勿体無かったんですけど、その時は、何だか各地で冠水し
  ているニュース映像が浮かんできて、急に心細くなってしまったんです…。
  トホホ…。

おんさん

>東北に行くとは伺っていましたけど、本当に良く行ったな〜
>もう尊敬ですよ!
 →しっかり家で仮眠して出発すれば、そんなに大変ではなかった
  かな~と思いますが、初日は、はやる気持ちに任せて出発した
  のが反省点です(^-^;
  良い子は真似してはなりませぬ。

>現在の走行距離はいったい何キロになったのですか?
>旅の完結編で教えてね
 →そう言えば、総走行距離は確認していませんでしたが、そろそろ
  2度目のオイル交換かも~。
  完結編までに確認しておきま~す。

やっぱり今年の流行りは弾丸ツーですね。
夜通し走るとは、やりますね~。
雨は残念でしたが、思い出に残るツーになることでしょう。
竜飛岬のリベンジツーはいつにしましょうか(笑)

黒ネロさん

>ブログ拝見して、しんどそうな感じがよく伝わります。
>自分もお盆に自宅(兵庫県朝来市)まで、銀翼で行って、墓掃除して帰って
>きたら、フラフラになりましたよ。
>渋滞、睡魔、熱中症との戦い。
>最後は、メッシュジャケットの上からペットボトルの水を浴びて走ってました。
>水冷天然クーラー。
>これは効きました(*^^*)
 →おぉ~!黒ネロさんは関西まで銀翼で行かれましたか~。
  それはそれは、大変お疲れ様でした!!
  東北はとりあえず暑さと渋滞とは無縁のエリアだったので、そういう点では
  ラクでしたが、お盆の関西ツーはかなりハードだったでしょうね…。
  関西って、すり抜けバイクに冷たい(幅寄せしてくる)と聞きますが、アクシ
  デントなくご帰宅でよかったですね~。

ザッキーさん

>やっぱり今年の流行りは弾丸ツーですね。
>夜通し走るとは、やりますね~。
 →年甲斐も無く、無理してはイカンですよね~。
  30歳代半ばまでは徹夜ドライブも多かったのですが、そのときとは
  疲労の回復力が違うということを、今回ようやく認識できました。

>雨は残念でしたが、思い出に残るツーになることでしょう。
>竜飛岬のリベンジツーはいつにしましょうか(笑)
 →東北はリベンジしたいですね~。やはり交通量も少なくて走りやす
  いルートも多いので、晴れていればかなり楽しめると思います。
  来年のGWにでも行けるといいな~(倍返しじゃ~)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580027/58141481

この記事へのトラックバック一覧です: 2泊3日北東北ツー(H25.8.31走行)~青森到着も雨で挫折編~:

« ビーナスラインツー(H25.8.17走行) | トップページ | 2泊3日北東北ツー(H25.9.1走行)~奥入瀬渓流・八幡平編~ »