フォト
無料ブログはココログ

« 日本ロマンチック街道(中禅寺湖~沼田)ツー(H25.11.9走行) | トップページ | 伊那で昼寝だけしてきたツー(H25.11.16走行) »

2013年11月26日 (火)

N先生企画・しぞーかおでんとたいやきを食べるツー(H25.11.23走行)

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

春にソロで寸又峡へ行った際、おいしいたいやきが食べられる店があったことを帰宅後に知った。
そんな宿題が残っていたところ、ニャンコ先生が11月23日(土)に「しぞーかおでんとたいやきを食べに行くツー」を企画していることを知り、迷わず申し込んだ。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

待ちに待った当日は見事な快晴♪
企画的にも天候的にもテンションが上がってくるupwardright
集合は、東名高速・足柄SAに8時30分なので、いつもよりのんびりの7時ごろ自宅出発。
Blog_0002

厚木ICから東名高速にIN。
混雑も無く順調に走行できた。
冠雪の富士山もバッチリ見えて、いよいよ冬の到来を感じさせる。
12_0001

8時5分ごろ、足柄SAにすんなりと到着した。
ところで、ワタクシはニャンコ先生とブログ上でのコメント交流はあるが、実は先生のご尊顔をはっきり覚えていないというのは内緒の話。
でも、すぐにザッキーさんと落ち合えたので、とりあえずひと安心。
Blog_0017

程なく参加メンバーの皆さんもご集合となり、軽いご挨拶&行程説明タイムとなる。
今回のご参加メンバーは、企画のニャンコ先生、そしてY’sさん、ザッキーさん、ワタクシの4名という小人数マスツーであった。
皆様、よろしくお願いしますm(_ _)m

お話しするのはほとんど初めてとなるニャンコ先生は、物腰柔らかでとってもジェントルな雰囲気のお方。
でも、この時点では、劣悪路面の珍道・奇道が大好物な特異体質ということをワタクシはまだ知らない…。
Blog_0021

まずは、足柄SAから新東名・藤枝岡部ICまではフリー走行となる。
暫くは綺麗な富士山を眺めながらの気持ちのいい高速走行を楽しむことに。
Blog_0034

しかし、この時期は寒さでトイレが近くなる。たまらず静岡PAのトイレに駆け込んでしまった。
そのため、藤枝岡部ICで待つ皆様には、ワタクシが間違えて通過したのでは?と余計なご心配をお掛けしてしまった。
皆様、誠に申し訳ございませんm(_ _)m
Blog_0041

藤枝岡部ICで全員集合したので、近くのコンビニで小休止。
今日のニャンコ先生バイクは、オレンジ色に光輝くカワサキW800。
札幌ナンバーというところがいいっすね~。きっとこのバイクは、夏は北の大地を駆け巡っていたことでしょう。
Blog_0043

そして、こちらはY’sさんの愛機カワサキZRX1200。
白は初めて見た。緑もカッコいいけど、白はスマートで上品なカッコ良さがありますね~。
アクセルひと捻りで、あっという間にスクーターはぶち抜かれます。
Blog_0044_2

さて、コンビニを後にして、しばらくは田舎道を走る。
う~ん、天気も良いしポカポカ陽気で実に気持ちいい♪
Blog_0053

Blog_0061

しかし目指していたルートは時間的に厳しいらしく、とりあえず、藤枝バイパスでワープとなる。
Blog_0064

藤枝バイパスを下りた後も気持ちいのいい大井川沿いの道(だったかな?)を走行。
Blog_0069

しかし、ニャンコ先生は、この気持ちのいい整備された道を外れ、突如、廃道らしきルートに入っていく。
1_0001

両サイドは無秩序に伸びた雑草が道路に迫り、時折、枝葉がシールドをかすめたりする…。
路面には往時の名残で「40」(km制限)と表示されているが、思わず「ここで40km出したら事故るワ!」と突っ込みを入れたくなる道だった。
まぁ、ちょっとした冒険心をくすぐるルートと言えなくもないですね。
Blog_0076

ほどなく廃道を走り終え、再び整備された大井川沿いの道を走る。
やはり、きれいな田舎道をまったり流すのが好きです。
Blog_0080

そして、家山駅目前にして現在地確認の臨時首脳会議。
ザッキーさん「私のナビではこの先の道が途切れている感じですねー」
ニャンコ先生「大丈夫♪私には『たいやきや』までの道が見えているから(ニコッ)」
Y’sさん「今日のニャンコ先生は、やけにイベントが多いなー」
そんなようなやり取りであったかと…。
Blog_0086

ワタクシは、この辺の地理は分からないので、首脳会議には参加せず、きれいな大井川の眺めに癒されていた。
家山駅の裏側に、こんなに素敵なポイントがあったんですねぇ。
Blog_0089

Blog_0092

正しくこの先に道があったようです。
ニャンコ先生「道は自ら切り開くものだよ。人生もツーリングも同じこと(ニコッ)」
な~るほど。やはりワタクシのようにナビだけ頼ったツーリングをしていると、新しい道を覚えることができないんですね。
2_0001

そして、初心者のワタクシには遊歩道としか思えない小路を突き抜け、ニャンコ先生のお導きのとおり、11時45分ごろ「たいやきや」に辿り着いた。
Blog_0099

ちなみに、たいやきやの駐車場は、バイクでは、ちょいと停めにくい箇所もある。
Blog_0097

ワタクシはたいやきや初訪問。
店内は既に満席状態で少々待つことに。やはり人気店のようだ。
Blog_0104

ほどなく席に案内されたところで、まずはしぞーかおでんを頂くことに。
ドス黒い汁に浸かっているので、見た目はかなり塩辛い感じだが、そんなことは無かった。
Blog_0103

ダシ粉・青海苔を振りかけて食べるというのも特徴的です。
こんにゃくは普段食べるおでんよりもしっかり味が付いていて、ワタクシ的にはイチオシだった。
すげ~ビールが飲みたくなる(byザッキーさん)
Blog_0107

たまごも中までダシがしっかり染み渡っているgood
Blog_0110

続いて、たいやきも初実食。
あんがぎっしり詰まっているが、甘さ控えめでペロリといける。
周りのパリパリ部分が煎餅みたいで良い。
Blog_0111

Blog_0112

いやぁ~、美味かった。
これで、早くも本日のメインイベントが終了。春に残った宿題も年内に完結して良かったhappy01

お腹も満たされたところで、更に北上して寸又峡方面に向かう。
Blog_0117

大井川は雄大だなぁ。
Blog_0122

途中の千頭エリアを通過するのに、この日は千頭駅横の道ではなく、大井川の対岸の道を経由した。
が、ちょうどその時に千頭駅からSLの汽笛が聞こえた(ような気がした)…。
ひょっとして、千頭駅横の道だったらSLに遭遇したのかな~。
その点がちょっと気になったので、のちの反省会でニャンコ先生にこの話をしてみると、「ん~、汽笛は聞こえなかったな~。それはきっと幻聴でしょうね(ニコッ)」と言われ、それもそうかなという気がしたのであった。

まぁ、SLはともかく、寸又峡方面へGO!
Blog_0132

ところが、この寸又峡へ向かうK77号線は、この日は工事やら交通規制やらで交互通行箇所が多く、場所によっては30分くらい待たされるなど、かなりウンザリさせられた。
シーズンに寸又峡へ行かれる方は、ぜひ交通規制情報をご確認いただくとともに、時間にかなりの余裕を持って行かれることをおススメします。

すっかり待たされて、ストレッチを始める方も。
Blog_0134

Blog_0137

さて、我々が向かう井川ダム方面の分岐点には、警備員さんが立っており、車を入れないように誘導していた(通行止ではないが、一般車が入るにはふさわしくない道ということでの措置のようだった)。
少々嫌な予感がしたが…。
とりあえず、井川ダム方面へ進路変更。
やはり…、落ち葉でセンターラインが引かれたような道だった。
Blog_0147

ほどなく見晴らしの良いポイントで小休止。
Blog_0151

ここからの眺めは圧巻。まさに崖沿いといった感じ。
写真では伝わりにくいが、かなりの高低差があって高所恐怖症気味のワタクシには迫力満点なのだ。
Blog_0154

遥か眼下にアプト式鉄道の軌道が見える。
Blog_0156

さて、ここからまともなルートになるのかと思いきや、ニャンコ先生曰く「この先はもっと楽しいよ~(ニコッ)」。
正直、予想外の展開でワタクシは苦笑いで返すのみ…。

出発して、ほどなく片側は崖という危険なダート道に入る。
しかし、ここでニャンコ先生から、まさかの転回指示発令!
えぇ~、マジっすか~coldsweats02
足つきの悪いTMAXでは自力転回は無理です。
ということで、ニャンコ先生に補助してもらいながら、何とか転回sweat01
しかし、Y’sさんは車重のあるZRXをよく転回できますね~と思わず関心。
Blog_0157

しかし、予定のルートも舗装はされているが十分手ごわい。
いきなり倒木が道路脇に転がっている。その状況を検分するニャンコ先生の図。
Blog_0158

そして、ニャンコ先生が喜んでいたとおり、水溜りやぬかるみポイントもあるし…
5_0001

5_0004

落ち葉が堆積し、ゴロゴロした砂利や木の枝もたくさんあるし…
5_0002

滑り落ちたらあの世行きの崖もあるし…
5_0003

実際は写真を撮る余裕が無かったので、これよりも更にスリリングでしたよ。
明らかにワタクシのような高所恐怖症気味のヘボライダーが来るべきルートではないのは確かです。

暫く苦痛を味わったところで、ようやく、まともな道になってきた。やれやれ…。
Blog_0173

途中、景色の綺麗なポイントでパチリcamera
何だか、ホッとしますね。
Blog_0180

Blog_0176

そして、15時45分ごろ井川ダムへ到着。
あと15分で閉館の井川展示館へ駆け込む。
Blog_0188

Blog_0186

展示物は二の次で、とにかくダムカードを所持している係員を捜索する。
受付の係員が見当たらず、少々殺気立つニャンコ先生。
Blog_0185

トイレから出てきた女性係員を確保し、とりあえず、ダムカードをゲット。
(ちなみに、ワタクシはダムカード収集活動はしていません)
Blog_0190

井川ダムの眺め。
Blog_0191

しかし、既に薄暗くなってきているので、あまりゆっくりはしていられない。
日没後の峠道はかなりリスキーなので、路面状況が判別できるうちにふもとまで急ぐことに。

まずは山料金のGSでガスを補充。
Blog_0194

さぁ、いざ出発dashdash
真っ暗になる前にできるだけ距離を稼ごう。
Blog_0196

でも山間部の日没は早く、あっと言う間に暗闇に包まれ、カーブのたびに進行方向も路面もほとんど見えなくなってきたwobbly
もはや、前を走るY’sさんのテールランプだけが頼り。
Blog_0198

それにしても、皆さんのスピードが速いんですよ。小心ライダーは付いて行くのに必死sweat01
カーブのたびにどんどん離されていく。

更に、井川ダムまでの凸凹路面でナビが不調となっていだが、ここにきて謎の画面消失。
うぅ~、ナビ画面がないとカーブの曲がり具合が分からないので、ますますスピードが鈍くなる。

そんな感じで、どのくらい真っ暗な山道を走ったろうか…。
ようやくふもとの外灯が見えてきたときは、ホントにホッとしたものだ。
とにかく、転倒することもなく無事に下山できてよかった~。

その後は、新静岡ICから新東名IN。
Blog_0205

11_0001_2

そして、18時30分ごろ、清水PAで反省会となった。
しっかし、疲れたな~。
単にしぞーかおでんとたいやきを食べて、のんびり田舎道を走るツーリングとしか思っていなかったものだから、悪路&夜の山道メドレーはホントに心身にこたえてしまった。
Blog_0211

極度のストレスですっかり頭がボーっとしていたが、とりあえずカツカレーをいただくことに。
Blog_0210

そして、反省会終了後、ここで解散となった。

東名は、大井松田IC~横浜IC間・渋滞30km表示であったがスリスリ前進、圏央道・海老名ICでOUTして20時30分ごろ帰宅となった。

ニャンコ先生、楽しい思い出に残るツーリングをありがとうございました!
今度は走りやすい道路でお会いしましょう!
その節はよろしくお願いしますm(_ _)m

Y’sさん、ザッキーさん、お世話になりました。
またご一緒した際には、よろしくお願いしますm(_ _)m

ということで、本日の走行距離は、およそ470kmであった。

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

« 日本ロマンチック街道(中禅寺湖~沼田)ツー(H25.11.9走行) | トップページ | 伊那で昼寝だけしてきたツー(H25.11.16走行) »

バイク・ツーリング」カテゴリの記事

コメント

先日はお疲れ様でした。
おでん美味しかったですね。この辺り迄はのどかなツーだったんですよね。
でもtorioさん、凄いなぁ。後半戦のあの悪路&真っ暗な中で、しっかり撮影されていたなんて!!
私は、只々ハンドルにしがみつき頑張るのみでした。
torioさんも、立派な悪路マスターですよ!!
これに懲りず、またご一緒してくださいね~。

Torioさん、先週はお疲れさまでした!! ニュータイプワールドへようこそ(笑) にゃんこ先生自ら、ニュータイプツーと言って憚りません。まぁ、一度や二度や三度のハプニングは恒例てすが、先週は能力全開でしたね~(^o^;) 年間通じてご一緒していても、なかなかお目にかかれない事ですので、torioさんはラッキーですよ(笑) これに懲りず、またご一緒させて下さいませm(_ _)m

あちゃーやっちゃいましたね!
ニャンコ先生のツーリングは、転回ありあり、酷道ありありのツーリングを覚悟したないと(笑)
今度は綺麗な道のツーリングを企画しますので、よろしければどうぞ(^ー^)ノ

大混みですみませんっした。でも、道路規制情報提供システムで調べた交通規制では、迂回した最初の片側通行だけしか乗ってなかったんですよー。catface

とはいえ、険道と峠の夜走りを喜んでいただけたのは、写真の多さでわかりますヨ♪
来春は、舗装林道ツーでご一緒しましょ-!paper
お疲れ様でしたー。

ザッキーさん

>先日はお疲れ様でした。
>おでん美味しかったですね。この辺り迄はのどかなツーだったんですよね。
>でもtorioさん、凄いなぁ。後半戦のあの悪路&真っ暗な中で、しっかり撮影されてい
>たなんて!!
>私は、只々ハンドルにしがみつき頑張るのみでした。
>torioさんも、立派な悪路マスターですよ!!
>これに懲りず、またご一緒してくださいね~。
 →先日はお疲れさまでした!
  おでんがおいしかったですね~って、ランチ後のインパクトが大きすぎて記憶が薄
  れていますが…。
  それにしても、走り応えのあるツーリングでしたね~。
  まさか午後はあんな悪路&闇峠オプションが用意されているとは全く思いません
  でしたよ。
  しかし、ザッキーさんもあの暗闇の状況で先鋒を務めていたのに、かなりのスピード
  だったですよね。度胸あるなぁ~。見直しましたよ。
  寒くなってきますが、冬眠せずにまた走りに行きましょうね~。

Y’sさん

>Torioさん、先週はお疲れさまでした!! ニュータイプワールドへようこそ(笑)
>にゃんこ先生自ら、ニュータイプツーと言って憚りません。
>まぁ、一度や二度や三度のハプニングは恒例てすが、先週は能力全開でしたね~(^o^;)
>年間通じてご一緒していても、なかなかお目にかかれない事ですので、torioさんは
>ラッキーですよ(笑)
>これに懲りず、またご一緒させて下さいませm(_ _)m
 →先日はお疲れさまでした!
  あれを「ニュータイプツー」なんて名づけているんですか…。
  随分とソフトなネーミングで参加者を欺いていますね~。
  多少のハプニングは予想していましたけど、悪路&闇峠は全く予想外のメニュー
  でしたよ。
  Uターンも何回したか分かりませんが、たぶん私の1年分くらいはしたはずです(笑)
  まぁ、ハプニング慣れしたY’sさんでも収穫の多い日だったようですので、思い出に
  残るツーリングになったのは間違いないですね。
  ともあれ、また、ご一緒する機会があると思いますので、よろしくお願いしますm(_ _)m

バビロニアさん

>あちゃーやっちゃいましたね!
>ニャンコ先生のツーリングは、転回ありあり、酷道ありありのツーリングを覚悟したないと(笑)
 →そうだったんですか~。
  かなり物腰柔らかなニャンコ先生だったので、ちょっと油断してしまいました。
  まぁ、多少の隠れイベントは覚悟していましたけど、あんなハイレベルな険道を行くと
  は思いませんでしたよ。
  
>今度は綺麗な道のツーリングを企画しますので、よろしければどうぞ(^ー^)ノ
 →おっ!年内開催ですか~。いいですね~。伊豆かな?桜エビかな?
  場所は問わず楽しみにしていますよ!よろしくお願いします。

ニャンコ先生さん

>大混みですみませんっした。でも、道路規制情報提供システムで調べた交通規制で
>は、迂回した最初の片側通行だけしか乗ってなかったんですよー。
 →ルートはともかく(笑)、先日は、企画・先導、ありがとうございました!
  あの交通規制は想定外でしたね~。事前に把握してても、あれほど待たされる状況
  だというのは、やはり現地に行かないと分かりませんから、止むを得ないと思います
  よ。今後はシーズン中の寸又峡は鬼門かもしれませんね。

>とはいえ、険道と峠の夜走りを喜んでいただけたのは、写真の多さでわかりますヨ♪
>来春は、舗装林道ツーでご一緒しましょ-!
>お疲れ様でしたー。
 →いやぁ~、あのルートを喜べるほど私はMの気はありませんよ~(笑)
  緊張感溢れる険道と峠の夜走行はかなり寿命を縮めることができました。危険なミス
  テリーツアーに参加してしまった被害者ですよ。
  まぁ、印象に残るツーリングであったのは間違いありません。
  次回はタイヤにやさしい路面を歩みましょー。今後もよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580027/58637851

この記事へのトラックバック一覧です: N先生企画・しぞーかおでんとたいやきを食べるツー(H25.11.23走行):

« 日本ロマンチック街道(中禅寺湖~沼田)ツー(H25.11.9走行) | トップページ | 伊那で昼寝だけしてきたツー(H25.11.16走行) »