フォト
無料ブログはココログ

« 鎌倉ハイキング | トップページ | 江戸東京たてもの園へ行ってみた »

2014年9月 9日 (火)

伊豆のスカイラインツー(H26.8.24走行)

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

平成26年8月24日(日)、西伊豆スカイラインと伊豆スカイラインを走ってきた。
A_0131

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

今年の夏は異常気象と言うだけあって、7月後半以降、週末は天候不安定な日が多く、イマイチツーリングが楽しめません。
何だかこの夏は内容の薄いツーリングばかりです。

今回も遠出も考えましたが、天気の問題が無さそうなエリアという選択で、毎度ながらの西伊豆スカイラインと伊豆スカイラインのツーリングとした次第。

ということで、5時30分頃自宅出発。
山もそれなりに見えています。
A_0003

小田原厚木道路からは富士山が見えました。
P82440531

箱根新道を快調に走行。
A_0011

箱根峠の気温表示板は18℃となっていました。
フルメッシュジャケットだったので寒い…。
霧もかかっていて安全運転で進みます。
A_0019

伊豆中央道・修善寺道路を経て西伊豆スカイラインへ向かう。
A_0022

7時10分頃、だるま山レストハウスに到着。
一応、富士山も見えます。
A_0027

ちょいとモードを変えてみてパチリ。
薄い雲が広がってスッキリしない天気です。
A_0035

さらに進んで西伊豆スカイラインへ。
残念ながら富士山は見えなくなりました。
A_0038

下界は良く見えます。
A_0040

いつ来ても交通量極少の西伊豆スカイライン、今日もマイペースで走りを楽しみますが、霧もチラホラ…。
A_0044

A_0046

そして、K59号線で松崎を目指します。
A_0063

A_0065

以前通ったときは険道っぽくて走りにくかった印象でしたが、記憶ほどの狭いルートではない印象。多少、険道の免疫がついてきたかな?

8時30分頃、松崎港到着。
A_0072

A_0073

伊豆文邸にもちょいと立ち寄り。
A_0075

ここで写真を撮っていたら地元の方から「中でお休みになれますよ。ごゆっくりどうぞ」と言われました。
いやぁ~、こういうひと言をいただけると、ますます松崎の印象も良くなりますhappy01
A_0084

そうそう。ソロでのお出かけが多いワタクシは、アマゾンでこんなものをポチってみました。
自撮り一脚(笑)。価格1,590円也。
脚を畳めばコンパクトになるので邪魔になりません。
A_0126

コンデジを装着して脚を伸ばすとこんな感じ。
A_0200

正面から撮ってもらった風のアングル。自撮りなので、笑顔を作る余裕はありません。
A_0097

横からさり気なく撮られた風のアングル。あまり必要無いアングルですけど参考までに…。
A_0105

ちょっと俯瞰のアングル。普段撮れない角度やお花畑などでは楽しめるかも。
A_0076

慣れないと水平を保って撮るのが難しかったりします。

少々残念なのは、雲台(カメラ装着台)と脚の接合部分が回転してカメラの向きが変わることがあるところかな?まぁ、実用上は大きな支障はありませんでしたが…。
A_0124

A_0201

その他としては、他人に見られるとかなり恥ずかしいので、素早く準備して撮らないとならないことくらいでしょうか(「あんなもの使って自撮りしちゃってるよ~」と失笑を買うこと請け合い(^-^;)。

試し撮りも終わったので、そろそろおいとましましょ。
A_0135

K15号線、R414などで伊豆スカイラインを目指します。
A_0144

A_0147

A_0150

冷川料金所から伊豆スカイラインへ。
A_0152

眺めの良い熱海峠周辺区間は霧のため景色を堪能できず…。
A_0160

おまけに霧で車もお団子状態。40km/h走行を余儀なくされます。
A_0166

箱根峠の気温表示板19℃でした。
フルメッシュでは寒い。今日はジャケットの選択を間違えたな~。
A_0170

箱根新道をある程度下ってきたところで霧は晴れました。
A_0173

その後は小田原厚木道路へ。急激に気温が上がって暑い…。
A_0174

そして、地元に戻ってランチを食べて13時40分頃帰宅。
うん、少しは気分転換になりました。
本日の走行距離はおよそ325km。

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

« 鎌倉ハイキング | トップページ | 江戸東京たてもの園へ行ってみた »

バイク・ツーリング」カテゴリの記事

コメント

西伊豆スカイラインは気持ちがいい道路ですね~
まだ有料の頃によく走りに行きました(^-^)
もう30年以上前の話ですが(笑)

時撮り一脚は面白そうで、ホントうまく撮れてますね!
でも、他人に見られると恥ずかしいって...確かにそう思います(^-^)

伊豆のゴールデンルートですな~! メモメモ・・・
そろそろ伊豆にも行きたくなりました。
良いもの買いましたねこれでsukesanとの2ショットもバッチシ(笑)
でもいくら朝早いといっても伊豆に行って地元でランチ?
次回のXデーは期待してますよ!

時期が来たら、今度は東伊豆へご一緒しましょう!
例の高原で、自画撮りをw

西伊豆の道路気持ちよさそう~
けど、毎回 朝はやいですねぇ~  休日は、寝て曜日になっているマロ!ww
マジックハンド!ww こりゃ便利だ!
けどけど・・・何気に右手で持って、震えないように・・・そして 周りを気にする
torioさん なんだか 写真から伝わってくるものが・・・!ww

道も空いていて気持ち良く走ってますね。すっかり険道マスターじゃないですか!!

うーむ、なるほど。自撮りの出来栄えはなかなか♪
使い方はいろいろありそうですが…
確かに自撮りの姿は笑えるかも(笑)


三脚ならぬ一脚とは・・・おもろいものをメーカーは考えますね!

でも自撮りしている方を見かけたら 

「お撮りしましょうか?」 ・・・って声掛けるか、

もしくは見なかったふりをするかどちらが多いのでしょうね。

伊豆ツーリングおつかれさまでした。
ちょっと雲が多かったみたいですね~。
メッシュジャケットだけではそろそろ寒い時期になってきました。
早朝出発のお昼すぎ帰宅ツーリングは渋滞に巻き込まれないのでイイかも~(^_^)

この自撮り一脚ですが、何処にでも出没する中国人が使っているのをたまに見かけます。
彼らは街中でも気にせずに使っていますが、ちょっと抵抗がありますよね(笑)
ポイントは素早い撮影ですね\(^o^)/

自撮り一脚(笑)!
これはなかなか勇気がいりますね。
くれぐれもバイクに乗りながらはだめですよ(爆)

日向さん

>西伊豆スカイラインは気持ちがいい道路ですね~
>まだ有料の頃によく走りに行きました(^-^)
>もう30年以上前の話ですが(笑)
 →おやまぁ、有料道路の頃といえば随分とご無沙汰なんですね~。
  静岡にいらしたときもあまり伊豆方面は遠征しませんでしたか。
  晩秋で北の高原も走れなくなった時期は、西伊豆スカイラインいいですよ。
  お近くに越されて来たので、今年の晩秋は久しぶりの再訪いかがでしょう~(^^)/

>時撮り一脚は面白そうで、ホントうまく撮れてますね!
>でも、他人に見られると恥ずかしいって...確かにそう思います(^-^)
 →カハハ、うまく撮れてますか~。実はナカナカ傾きがうまく調整できず、
  20枚以上撮ったんですよ。他人が通るたびに慌てて一脚の脚を縮めたり
  して意外と大変でした(笑)

sukesanさん

>伊豆のゴールデンルートですな~! メモメモ・・・
>そろそろ伊豆にも行きたくなりました。
 →圏央道の開通と新東名・伊豆縦貫道の直結でsukesan邸からも
  伊豆はかなり近くなりましたね。
  冬はこちら方面のツー企画もよろしくお願いします!

>良いもの買いましたねこれでsukesanとの2ショットもバッチシ(笑)
 →これさえあれば、sukesanとの抱擁2ショットの自爆撮りもバッチシですよ。

>でもいくら朝早いといっても伊豆に行って地元でランチ?
 →伊豆はお財布に厳しい店が多いので、小市民の私はついつい地元ランチ
  で終えることも多いですよ。民宿にお泊りすれば安いエリアなんすけどね~。
  もっと日帰り客にも優しくして欲しいものです。

>次回のXデーは期待してますよ!
 →いつもありがとうございます!よろしくお願いしますm(__)m

バビロニアさん

>時期が来たら、今度は東伊豆へご一緒しましょう!
>例の高原で、自画撮りをw
 →バビさんの鋭い嗅覚で、東伊豆の安くて美味しい
  海鮮系の店にぜひ連れて行ってください!
  そして、自画撮りはやはり例の露天風呂でパチリですよ(笑)

マロさん

>西伊豆の道路気持ちよさそう~
>けど、毎回 朝はやいですねぇ~  休日は、寝て曜日になっているマロ!ww
 →マロさんは最近忙しいですからね…。いずれ時間が出来たときには、西伊豆に
  でも行けるといいっすね。
  休日は寝て曜日ですか~。っていうか、マロさんは寝る時間が遅すぎのようで…。
  もしくは、激辛マーボ豆腐で寝つきが良くないのかな?

>マジックハンド!ww こりゃ便利だ!
>けどけど・・・何気に右手で持って、震えないように・・・そして 周りを気にする
>torioさん なんだか 写真から伝わってくるものが・・・!ww
 →ハハハ…。これはやはり夫婦とかカップルとかの二人組みで使うほうがいいですね。
  一人で撮っているところを目撃されるのはかなりの恥ずかしさですよ。
  自撮り一脚の出番は、ひと気の無いような田舎や滅多に行けない所で撮るとき
  くらいかな~。

ザッキーさん

>道も空いていて気持ち良く走ってますね。すっかり険道マスターじゃないですか!!
 →今回のコースはいつも交通量が少ないので、気持ちいいですよ!
  ホンモノの険道マスターのザッキーさんには物足りない険道ばかりですけどね~。

>うーむ、なるほど。自撮りの出来栄えはなかなか♪
>使い方はいろいろありそうですが…
>確かに自撮りの姿は笑えるかも(笑)
 →たくさん試し撮りしましたからね~。成功確立1割くらいかな~。
  人に見られるとメチャ恥ずかしいので、使う機会はかなり限られそうです。
  ご一緒したときは、罰ゲームとしてザッキーさんに使っていただきますよ。

せんさん

>三脚ならぬ一脚とは・・・おもろいものをメーカーは考えますね!
>でも自撮りしている方を見かけたら 
>「お撮りしましょうか?」 ・・・って声掛けるか、
>もしくは見なかったふりをするかどちらが多いのでしょうね。
 →ハハハ…。私なら声も掛けず、仲間内でクスクス笑いながら自撮りし
  ているアホ姿を最後まで見守っちゃいますね~。
  YouTubeでこのグッズを使っている人を見て、面白そうだから勢いで
  買っちゃいましたけど、いざ使ってみようとすると、恥ずかしくてあまり
  使えませんね。

OPM♪さん

>伊豆ツーリングおつかれさまでした。
>ちょっと雲が多かったみたいですね~。
>メッシュジャケットだけではそろそろ寒い時期になってきました。
>早朝出発のお昼すぎ帰宅ツーリングは渋滞に巻き込まれないのでイイかも~(^_^)
 →ありがとうございます!
  朝晩や高原での走行は、メッシュでは寒過ぎる気候になってきましたね~。
  でも日中はメッシュでも暑かったりして…。朝のウェア選びに悩んじゃいます。
  早朝は交通量も少なくて快適に走れますから、いいっすよ~。
  ツーリングのときだけは、目覚ましが鳴る前に起きれる身勝手な体質という
  ことだけなんですけど…(^-^;

>この自撮り一脚ですが、何処にでも出没する中国人が使っているのをたまに見かけます。
>彼らは街中でも気にせずに使っていますが、ちょっと抵抗がありますよね(笑)
>ポイントは素早い撮影ですね\(^o^)/
 →いやぁ~、かの皆様もお使いでしたか~。
  面白そうだから勢いで買っちゃいましたけど、実際使おうとすると、人が来る
  所では恥ずかしくて使えませんね。ひと気の無い山の中とか、俯瞰アングルの
  風景撮影とかで使うくらいでしょうか。使用頻度はかなり少なそうです。

3160さん

>自撮り一脚(笑)!
>これはなかなか勇気がいりますね。
>くれぐれもバイクに乗りながらはだめですよ(爆)
 →このグッズ、笑えるでしょ!
  勇気がいるというよりも、人がいたら使う勇気はありません。
  こんなモノ、需要はかなり少ないと思いきや、意外とインプレ数が
  多くてビックリです。3160さんもお一ついかが~(^^)/

最後に伊豆へ走りに行ったのはいつだろー?
もしかして2年位前かも・・
ウチからそれほど遠くないのだけどね・・^^;
伊豆行きた~~い♪

自撮り^^ちょっと笑えた^^
だってtorioさん真剣なお顔しているんだもーんppp~

leomiさん

>最後に伊豆へ走りに行ったのはいつだろー?
>もしかして2年位前かも・・
>ウチからそれほど遠くないのだけどね・・^^;
>伊豆行きた~~い♪
 →leomiさん、こんにちは!
  この夏もダムカ収集活動に精を出していましたね~。
  伊豆はご無沙汰でしたか。圏央道開通後は、leomiさんの
  お住まいからもかなり近くなったと思いますよ。
  sukesan企画の伊豆ツー、大いに期待です!

>自撮り^^ちょっと笑えた^^
>だってtorioさん真剣なお顔しているんだもーんppp~
 →アヒャヒャ。人目を気にしながらの撮影で、いかにも余裕の
  無い状況が顔に出ているでしょ~。
  それと、思いのほか写真が上手く撮れなくて、若干イラついて
  いるのも原因です…(^-^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580027/60219594

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆のスカイラインツー(H26.8.24走行):

« 鎌倉ハイキング | トップページ | 江戸東京たてもの園へ行ってみた »