フォト
無料ブログはココログ

« 能登ツー初日・飛騨周辺(H26.9.20走行) | トップページ | 能登ツー2日目・能登半島周遊№2(H26.9.21走行) »

2014年10月13日 (月)

能登ツー2日目・能登半島周遊№1(H26.9.21走行)

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

(初日の続き)

ツーの2日目です。
窓を開ければ本日も快晴happy01
A_0001

今日は氷見を出発後、千里浜から能登半島の海岸線を時計回りに回って、七尾市のビジホに泊まるという行程です。

平成24年のゴールデンウィークにも来ましたが、その時はかなり駆け足で巡ったので、今回は、少々観光しながらゆったり巡ります。

ということで、朝食もしっかり食べて7時30分ごろホテルを出発。
R415で千里浜を目指します。
A_0025

そして、前回は運転に自信がなかったので走らなかった千里浜なぎさドライブウェイを走ることにします。
A_0026_2

千里浜なぎさドライブウェイIN。
おぉ~、砂の上を走っているますよん~scissors
想像よりもとても走りやすい!粒子が細かくて硬くなった砂の道なので、ワタクシでも恐怖感は皆無です。
A_0029

A_0033

という感動もつかの間、周囲では、砂が巻き上がるほどのスピードで疾走したり、激しくUターンするなど、やけに荒っぽいライダーばかり…┐( ̄ヘ ̄)┌
お陰で、砂の表面が削られて少々ハンドルが取られるようになってきた…。

何だか随分とマナーの悪いライダーが多いな~と思ったら、ボケていたのはワタクシのほうで、どうやらヴィンテージバイクで砂浜を疾走するイベントのエリアに紛れ込んでしまったみたい(^-^;
Dscf0978

やっべぇ~。早く退散しなきゃな~coldsweats01
と思ってUターンしたいと思うものの、周囲のバイクはカッ飛んで走っていてタイミングが難しいし、砂は削られてUターンしにくいし、ギャラリーも多くて立ちゴケしたら恥ずかしいし…。

タイミングを見計らってヨタヨタとUターンしてエリア外に逃げます。
やれやれ…。
冷たい視線を受けつつ逃げる。
A_0040

ようやく本来の千里浜なぎさドライブウェイに入る。
折角だからバイクの写真撮影をします。
板も無いので、サイドスタンドをそのまま立ててみる…。
ズボッと2~3cm沈み込んで一瞬ビビリますが、30秒くらいはバイクが倒れることはありませんでした。
A_0042

A_0044

千里浜なぎさドライブウェイを楽しんだは、R249で海岸線を北上していきます。
A_0050

さて、今回のツーは、当初違うエリアを想定していたものの、天気予報の兼ね合いで能登半島へ急遽変更しました。
従って能登半島の下調べは全くしていないので、ツーマップ情報のみを頼りに道草することにします。

まずは「黒瓦と板塀の昔ながらの風景が残る」と記載された柴垣へ。
国道から細い生活路に入っていくと、能登の海岸線に見られる黒塀の家並みがまとまっていました。独特の雰囲気のある町並みです。
A_0056

A_0058

再びR249で海岸線を北上。
それにしても、能登半島って休日なのに交通量は極少です。
2年前はGW走行で、そのときも少ないと感じましたが、今回は更に少ない。
道は単調ではありますが、マイペースで飛ばせるので、とっても気分がいいです。
A_0068

A_0080

A_0091

9時10分ごろ、能登金剛エリアに到着。
A_0092

A_0095

巌門は海岸際まで歩けます。折角なので行ってみることに。
A_0098

駐車場。お土産屋さん併設なので無料です。
A_0100

駐車場から降りて行きますが、運動不足のワタクシでも大したことはありませんでした。
A_0102

A_0119

海岸線まで下りてきました。
A_0105

A_0108

トンネルのように貫けるので、ぐるりと1周します。
A_0114

巌門を後にして、能登金剛を巡っていきます。機具岩前にてパチリcamera
A_0124

A_0127

少し走って海岸横にある駐車場でも記念撮影。
A_0137

A_0140

再び海岸線を北上します。
A_0144

A_0151

10時15分ごろヤセの断崖到着。駐車場(無料)。
A_0154

駐車場から100mほど歩きます。
A_0156

ほどなく展望部分に到着。
20年以上前に来たときは、断崖先端まで行けたような気もしますが、現在は柵があります。
A_0157

松本清張の「ゼロの焦点」の舞台でもあります。
A_0160

A_0162

再びR249で海岸線を巡る。
A_0168

トトロの岩のようです。
A_0170

さらに進む。
A_0178

そして、ツーマップルで「かつて天領だった面影を留める落ち着いた町並みが続く」記載されている黒島に立ち寄る。
う~ん、ナカナカ趣のある家が立ち並んでいい雰囲気です。
A_0188

A_0192

A_0187

A_0181

A_0183_2

A_0195

再びR249で前進。
A_0197

黒島を過ぎるとR249は海岸線から遠ざかるので、海岸線のK38号線に入る。
A_0200

途中にある男女岩。
A_0216

岩肌を滑り落ちる滝です。
A_0217_2

そして、ツーマップルで「迫力ある風景が続く海岸路」となっている海岸脇ルートを走ります。
A_0231

A_0232

A_0237

A_0240

小さな漁村もあります。写真右端の間垣が特徴とのことです。
※間垣…冬の日本海から吹きつける季節風から家屋を守るために、高さ約5mの苦竹を家の周囲に並べる垣根。間垣によって冬は暖かく、夏は涼しく過ごすことができます(輪島市観光協会HPより)。
A_0242

こちらは何の作業だろう?
A_0243

晴天で風も波も穏やかな今日は、実に爽快ルートでした。
でも、風や波が強い日は避けたほうが無難でしょう。

走ってきたルートを振り返るとこんな感じ。
海岸ギリギリのように見えますが、怖さは全くありません。
A_0460

(写真が多いため、2日目の№2に続く)

※鋭意ブログ更新中につき、コメント欄はクローズさせていただいております(^-^;

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

« 能登ツー初日・飛騨周辺(H26.9.20走行) | トップページ | 能登ツー2日目・能登半島周遊№2(H26.9.21走行) »

バイク・ツーリング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580027/60445035

この記事へのトラックバック一覧です: 能登ツー2日目・能登半島周遊№1(H26.9.21走行):

« 能登ツー初日・飛騨周辺(H26.9.20走行) | トップページ | 能登ツー2日目・能登半島周遊№2(H26.9.21走行) »